ORANGE diary

日常のファンタジーへと

円の中の感想

初めてアリーナ席の円の中(伝われ)に入った感想を。
ひとつ前の記事でどういう経緯でそこに入ることになったのかを余すとこなくお伝えしましたがその席から何がどう見えたか、思いだせる限りメモ書きで書き残していきます。あまりの興奮具合に正直覚えてないというのが感想ですが。


・ブロックが閉まる10分前にスタッフさんが来て開演後にトイレに行けるタイミングを説明してくれる。決められた2回のみ、7分以内なので今のうちに出来るだけ行っておけと口酸っぱく言われる。ちなみにアリーナ円の中の席は「池中」と呼ばれるそうだ。
・とにかく双眼鏡は一切不要。当たり前なんだけど本当に見たい細かいところまで丸見えなので思った以上にいらない。あとはきっと向こうから丸見えなので目なんて合ったら恥ずかしくてヤバい。
・どこ見ていいかわからない。前向けばメインステージなんだけど後ろ向いたらすぐ花道なのでメインステージの自担より物理的に近い後ろの花道の名も知らないJr.くん見てたりした。
・スタンドに主に手を振る人、まんべんなく手を振る人、アリーナの自分のうちわ探す人などメンバーによって見てる所が違うのが分かって面白い。
・ガイシに限りますがスタンド上段までうちわの文字見えます。人の顔もスタンド中段~上段位まで割とはっきり見えます。
・リフターを動かすスタッフさんは手動でボタンを押して上げ下げしていて曲のタイミングと周りのリフターのタイミングを見てボタンを押している。
・池中ブロック(客席)後方と花道の間にSEVEN WISHESや運命Girlなどで使うセットが隠されている。出す順番になるとスタッフさんが暗幕を捲し上げて花道脇の階段まで持って行きJr.くんたちが階段までとりにくる。
・もちろんだけど開演前に携帯のカメラモード起動させてるとスタッフさんが秒ですっとんでくる。



以下、曲中レポです。

Overture⇒EXPLODE
みゅーとくんの細い腕が青白くくっきり。旗重たいのか冷静なフリして表情は時折くいしばってます。前日に髪型が葉加瀬たろ尾さんだと散々笑われてた横尾さんですが、舞台に登場した時葉加瀬なんていなかった。気高いコモンドール(犬)っぽいいでたちで目から上は完全に隠れている。これはこれでかなりカッコいいのだ。たまちゃんは他の人より一歩前に出てるのかステージの淵ギリギリまで来る。ファンサしてるわけではなく。
ふと後ろも気にすると数m先に朝日くんが!こちらから見ると背中を見る感じですがもう上腕二頭筋がギラついててなんかもうありがたい。拝んでおいた。一人だけマッスルミュージカルに出てそう。なんていうんだろう、あらわになった両肩を至近距離で見るのはちょっと照れるんだよね。他の人はそう思わないのに。

Tonight⇒横尾さんの♪ぶんぶんぶ~ん ツナイザナイ~の腰ふりを肉眼で拝めました。これは興奮するよ。想像を絶するね(何が)

FIRE BEAT⇒まさか私の背後に横尾さんが立つ日が来るなんてもう自分でも何言ってるかわかんないけどとにかく真後ろの花道に横尾さんが来て私の真後ろ?真ん前?の位置に立たれました。♪3,2,1でそこで首振ったんですよ奥さん!!!右手を床に着いて顔はきついのかちょっと歪んでて…ってそれを横尾さんの脚の間からさかさまの顔を私拝んだんですよ???意味不明でしょ?花道は私の胸の高さ位だったのでその位置だと私の顔は横尾さんのふくらはぎ位の高さなんですね。ちょっと足開いて腰まげて頭ぶんぶんされたらそりゃ股の間から顔見えますよね。着いた右腕の裏側はそれは細くてはかなくて…。夢のような企画(企画ものじゃない)でした。

Bang!Bang!BURN!⇒これは花道のしめちゃんを見てました。真後ろだったので(確か)。相変わらずめっちゃお顔綺麗。基本に忠実なダンスだね。キレキレなんだけど基礎の基礎を大事にしてる動き。あんまり客席見てません。

VersuS⇒横尾さんの和服もいいんだけどメインステージのしずやくんがすっごく華麗でなぜかそっちに目を奪われました。白の肩出し和服めちゃくちゃ素敵。のえみゅももちろんなんだけどなんかしずやくんに目が行くんです。朝日くんも目で追ってたのですが確か遠かったのかな。何かにさえぎられて見てなかった気が。

運命Girl・WANNA BEEEE!!!→Sha la la☆Summer Time⇒花道に来たたまちゃんを見てたのですが電飾付のローラーってあれ無線かなんか飛ばして受信機だけ持って、ローラー自体に電源仕込んであるのかな?と思ったら自分で電源背負ってて腰についた電源が直接ローラーにつながってるのね。腰からパンツに沿って電源の線が付いててそのままローラーにつながってました。汗かいたら感電したりしないのかな…?
あとね、この曲の時だったんですが…横尾さんが私の目の前で止まったんですよ。この前にも何回か横尾さんの団扇見てもらったのは気づいてたんだけど目の前でこっち向いて止まってくれたのはこの曲が初めてで。息止まりましたよね。目が合ってるんだもん。手を振ったりキャー!って言ったり出来ない性分なのでうちわ握りしめてじっと見てたら「うん」って一つ静かにうなずいてさーっと去って行きました…失神。膝がくがく。めっちゃくちゃかっこいい(陳腐な言葉しか出てこない自分を悔やむ)。あんなファンサ二度ともらえない。

Shalala☆Summer Time→SEVEN WISHES⇒目の前が朝日くんとみっくんのお着替え場でなんて私得!最初シャワーをセッティングしたのが森継くんでその後エアシャワーしてたのがほほえましかった。みっくんが両腕を後ろに上げると後下からすっと赤のジャケットを着せる朝日くん。その後流れの中ですごくさりげなくマイクをみっくんに渡すんだけど渡すその一瞬だけ変顔したんだけど!!!アゴ出さないの!!一体誰に向かってやってるのそれ(笑)。みっくん見てないからな???
あと、うみんちゅくんのバンダナはなんなのあれ。頭のてっぺんでリボン結びしてるんだけど下の方はヘアバンド風というよりちょっと幅広になっているのでおたふく風邪なのかおにぎりなのかもうとにかくかわいいから連れて帰りたい。

MC⇒千ちゃんがこっちむいて手羽先食べてくれた。ちなみに肉眼で手羽先の2本の骨がわかりました。お手手てっかてか。私の位置からだとわたたいが完全に奥に行ってしまっててあんまり見えてません。つねに宮玉見てる感じでした。ごちそうさまでした。とにかくたまちゃんが美しい。スタイル良すぎて目が釘付け。足細いし背中広いし適度な肉付き…全身陶器みたいだった。


Travis Japan⇒トラジャのダンスの場合一人一人を見るというよりはフォーメーションを見たいのでもっと引きで見てもいいのかなと思ったけど迫力は抜群。今迄はそこまで思わなかったんだけど360℃ステージ用のフォーメーションに改めて感服。これは強みでしかない。くるくる変わる正面でどの位置からも表情からつま先までみんなの様子が確認出来る。あとね、玉虫色の衣装やっぱ勝訴。360℃どこからも光って色も多彩に見えて今までそこまで近くで見てなかった分感動も大きかったです。あと朝日くんの重量感半端ないから。So Crazyは今回ねっとり感少な目だったかな…。ミ・アモーレもさらっと。

君のいる世界⇒目の前にリフターがあって、誰かな誰かな?って思ってたら千ちゃんでした。登っちゃうと白い幕しか見えないのでちょっと遠くのガヤさん眺めてました。

MU-CHU-DE 恋してる⇒初めて真正面から間近で最後のハートを見届けられました!千ちゃんがキラッキラの笑顔に対して隣のニカちゃんが真顔だったのがツボ。

One Kiss⇒正面たまちゃんだったんだけど歌いながらもおっとっと感出しててちょっと面白かった。近くで見ても仕組みはよくわかりませんでした。

Everybody Go⇒花道にて、私から見て左奥にのえるくん、目の前にちゃかちゃんがいたのですが2人ともめっちゃくちゃ真剣に踊ってるところに横尾さんがやって来まして。のえるくんの所はじゃまにならない様にうまく通過したもののたまたまちゃかちゃんの振りが大きく動く振りだったもんだから横尾さんが通過するタイミングを失ってて、しばらくちゃかちゃんの横に突っ立ってました。行こう、と思ったら行けなくてタイミング図ってる横尾さんがめちゃくちゃ奇妙な動きしてて面白かった。大縄飛びに今から入ります、位の動き。

Thank youじゃん!⇒ようやく目の前に朝日くんがぁぁぁ!ウエスト細くできなくて、であんまりねっとりしてなくて残念(ここはまだ距離があった)。多分私の視線の先にいたしーくんの方がねっとりしてた。目の前の花道に来てくれた時にじっと朝日うちわ胸に構えながら下から見上げてたから多分怖かったと思う(笑)。でも完全に目が合ってた。途中でウィンク2回。はい、昇天。。。指差すとか手を振るファンサじゃないんですぜ?ウィンクですってよ。あの子いくつなんだよホントに。ていうかあれはあかんわ。忘れられなくなっちゃうじゃん、好き。


お隣のガヤ担さんはニカちゃん、ガヤさん、みゅーとくんにがっちりファンサもらってて見てた私もすっごい幸せでした。さらに私の隣にいた藤北担の花冠お嬢様方もちゃんとファンサもらってたみたいで二人とも公演後に号泣してました。もうみんなが幸せになれる席。わかってはいたけど想像をはるかに超えてくる。無我夢中で見ていました。

今回本当に幸運にもアリーナ席に入ることが出来て感謝しかないです。自分の力ではないし偶然にもお譲り頂けたチケット。きっともう2度とない。土下座してお礼してももう余りあるお席…。素敵な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

広告を非表示にする

キセキを信じて

お久しぶりの更新になりました。


とにかく6/22は「こんなことってあるの??」って位朝から晩まで神がかっていたことだけ自分の中に残しておきたくて記録用に書いておきます。誰得な記事です。


【キスマイ名古屋参加までの道のり】
お仕事をしているので平日に丸々一日お休みを頂くのはこの所難しかったのですが来月からの激務前にみんなで交代で休もうという話が浮上。あれ?これ名古屋行けちゃう??と頭をよぎる。ゆるくチケットを探し始めるも全くお譲りが出回らない。平日なのにおかしいな。広島終わってから交換できなかった人がお譲り出すかな?→出てこない 直前になればあるかな?→ない ちょっと焦りつつも休みは確保。向こうに行ってしまえばギリギリまでチケット探しが出来る。なくてもまあ名古屋うろうろして帰ればいいか。と。とはいえやっぱり躍起になってしまい毎日毎晩携帯で検索かけまくりで寝不足気味にも…。本当にお譲りツイがなくてだいぶ諦めかけていました。


6/20
職場の飲みで帰りが遅くなる。ふらふらしながら帰ってきてTLも十分に追わないまま画面を開くと1通のお知らせ。名古屋、定価+手数料でよかったらいかがですか?と…一瞬にしてシャキッとしたよね。何回画面確認したことか…。チケット探しを手伝ってくれていたお友達にキセキが起きたことを伝えるとみんなすごく喜んでくれた。ありがとう。


6/21
当初21日のチケットも候補に入れて探していたので状況によっては仕事早く切り上げて行こうとしていたけど、もう翌日のチケットだけで十分だったので午後から名古屋に入ろうとするも新幹線が悪天候で遅れに遅れているとのこと…自分の乗る新幹線は幸運なことに15分遅れで済んだので(その前後の新幹線は30分以上遅れていた)無事に到着。ただし職場(名古屋)の飲みで午前様。寝たのは2時過ぎ・・・



【6/22(名古屋公演当日)】
チケットをお譲り頂く方(Aさんとします)は私が不安に思っているのを察してかこまめに連絡下さる方で、当日もすんなりお会いできました。事前情報で同い年と聞いていてとても話しやすい方だし私もテンションあがっていたので駅から会場までの間でしゃべり倒してしまい一瞬反省。会場前に着いて、デジチケ管理番号のアルファベットがアリーナ入り口の番号だと知り絶句。いや、今まで他の会場は全部ランダムでアリーナから入ってもスタンドに上げられたりスタンドから入ってもアリーナに下りたりと席が出るまでわからない状態だったので私はまだ信じていませんでした。が、話を聞く限り前日はアリーナから入ったらアリーナだったようなので否が応にも期待が高まってしまいます。落ち着け、落ち着け。

そう自分に言い聞かせてたつもりが入場列に向かう最中で全く落ち着けなくなる出来事が発生しました。


「夜はどうされるんですか?」「…チケット探していたんですけど見つからないんでもう諦めました(笑)」
「よかったら…」「えっ?」「夜も実はチケットあるんです。よかったらどうですか?」


「えっえっえっ×10」

もう大パニックの私。



私とまず会ってみてどんな人なのか見てから夜も譲ろうと思っていたみたいで(すごく慎重な方)ここで声を掛けて頂いて。そりゃそうだ。私だって同じ状況ならきっとそうする。気が合わなさそうな人、テンションが違い過ぎる人と昼も夜も一緒にいるのは疲れてしまう。
もう私涙目。というか泣いてた。思い出すだけで今も泣ける。


「うそでしょ???」「もう是非」「うわーーーん(涙)ありがどうございまずぅぅ」


入場列に並びながらどこか冷静になり、そうだ、チケット代!お支払しようと思ったら当然1公演分のチケット代しか封筒に用意してないから慌ててお財布から追加分を出す私(笑)←残金3千円位だわ(笑)。当然バタバタしているので「中に入ってからでいいですよ」と言われたのですごすご仕舞う。そうこうしているうちに列も進み、いよいよ発券。……アリーナの文字にわっとなるがアルファベット見て、Aさんが固まった。
「これって…もしかして…」


『GHJKブロックは開演10分前までにお席にお入りください』って書いてある張り紙を今までの会場で見てきたけど、まさか自分がそれに該当する日が来るなんて思いもしなかったし「トイレ並んでたら戻るの大変だね~」なんて呑気に話したことがあったことも若干頭の片隅にある程度。。
あのステージと外周を結ぶ円の中のブロックがチケットに記載されていました。実際に座席図のボードの前まで行って改めて絶句。まじかよ。震える手。お互い顔を見合わせます。そしてまた涙目になる私。うそでしょ…


席に着く前に、何はともあれ大事なトイレ。並びながら「ヤバいです」をお互い連呼。ここだけ聞いてたら周りの人はこの2人よっぽどトイレ我慢ならないのかと思われてたかもしれないけども。
席に行くまでにも足が緊張してうまく動かない。転ばない様に席につくとブロックの一番後ろの角の席…すなわち背中と後の花道の距離は1mない…ぢょっど待っでごんなのぎいでないぅぐぐぐ ここに横尾さんや朝日くんが来ると思ったらなんていうかもう天国っていうか地獄??とにかく待ってる間喉がカラカラ、リップを何回塗り直しても渇きは癒えないし目もかすんでくるので目薬5回位さしてみた。

もういっそ始まらないで欲しいという願いもむなしくあっという間に開演です。



~この神席、いや仏様席から何が見えたかは別の記事に~


1部が終わると外は大混雑。駅に行くにも中に入るのにえらく時間が掛かる。名古屋に戻ってると2部まで時間がないので逆方向に向かってサクッとご飯を食べることに。そうしている間にAさんから実は夜の部のチケットがあと2枚残っているという話を聞いてしまう。2部の開演まであと1時間ちょっとしかない。慎重にお譲りする人を選びすぎてここまで来てしまったとのことだが、さっきお声かけした方から返事がまだ来ないとのこと。逆に焦る。一旦声を掛けてしまった以上、今更他の人に声を掛ける訳に行かない。ご飯食べながら返事が来るのをひたすら待つもAさんはご飯が喉を通らない。でも夜まで長いから何か食べないと…と言いかけた所お相手の方からお返事が!そこからやり取りが始まってしまった為Aさんはご飯を食べられず仕舞い。しかし開演も迫っているのでそのまま会場に向かう。

お譲りする方をちょっとうろうろ探して(この時点でもう開演20分前位)、無事それっぽい方を発見。お譲りする方達は直前のまさかの出来事すぎて騙されてるんじゃないか位恐る恐る確認してくるもののそのうち「急いでとりあえず入りましょう!」と促された途端ほっとされてお二方とも泣き出す。そうだよね、うんうん私も泣いたよ。神様女神様仏様だよね。「もう入れないと思ってました~」そうだよね私も諦めてたよ。。。
私がお譲りする訳ではないのでちょっと引いた感じでやりとりを見てたのですがAさんとはすっかり仲良しだったので「私も譲ってもらった立場なのでお気持ちよくわかります」と言ったら「え???元からの知り合いじゃないんですか??仲良さそうに見えたんで!」と言われる。お二人が嬉しがって泣いてると私も譲ってもらった時の気持ちを思い出してもらい泣きしてしまう。横を見るとAさんももらい泣き。女神様っているんです。


今度はスタンドのお席、でも死角のない席だったので全部が良く見える。今迄入ったことのない角度のお席だったのでまたも有難すぎる…。今回お譲りした(って私が譲ったわけじゃない)お二方はガヤ担さんで(私が横尾担だと名乗ったら「いつもわたたいでお世話になってます」と言われてツボった)Aさんもガヤ担さん。
…名古屋の2部、何が起きたかご存知ですよね。そう、(胸の中)ガヤさんのサプライズバースデーがっ!!!私の隣3連ガヤ担さんですよ。そりゃもう大喜びで私まで嬉しくなっちゃって一瞬私ガヤ担だったかな?って錯覚した程ガヤさんしか見てない瞬間あったよね。こんな貴重な瞬間に入れて本当に感謝しかなくてこんなに良い思いして私明日死ぬのかなって思いましたけど今無事に生きてますよ。

その後のえるくんが私の真横の通路にかくれんぼで現れて「近い!近い!」ってなったりさっきは良く見えなかったみっくんと朝日くんの絡みが見えたり、完全に横尾席でリフターもタップも目の前の席でなんかもうこんなことって二度とないフルコンボ


ガヤさんのバースデーがあり時間が伸びてしまったので帰りの足が気になり、十分にAさんにお礼を述べて終わってすぐ慌てて会場を出てきてしまいました。当初2部に入れると思ってなかったので、前もって取っていた交通手段の予約を1部と2部の間で端末叩いて遅らせたのですがこれがまたとんでもない偶然を生み出してしまい自分が怖すぎて震えました。。


会場で会えなかったお友達に会うべく帰る前にとある場所で待ち合わせをしたのですが、2人でコーヒーを買ってしゃべりながらエスカレーターに乗ろうとした所目の前に集団がいて先に行かせました。

・・・・????まって見覚えのある顔!!!!
具体的に誰とはいいませんがさっきステージにいた人達が目の前にっていうかエスカレーター一緒に乗ってますけども…なんなのこれ夢なんでしょそうなんでしょ???思わずお友達と腕を組んでしまい(ちなみにこのお友達とは今回が初めまして)どうするこれ???状態。いやどうもしませんけど。


これ、一日で起こった事件なんですよ全部。わかります?ここにバカ正直に書く位なのでもちろんチケットを定価以上でお譲り頂いたことは一切なく中に入ってから席交換したとかも一切なく、帰りに遭遇してしまった話も待ち伏せとか一切してません。やましいことがあったらここに記録として書きません。これが全てで、盛ったりまずい話をカットしたとかもないですよ!
でもこれ信じられます?私が一番信じられません。こんなことってあるんだな…って。Aさんにもお伝えしましたが盆と正月と祭りがいっぺんに来たってこのことなんだな。意味わかんない。多分この後の人生でここまでのフルコンボはもうないと思います。だってこれ以上何があるの???おみくじ100回引いて99回大吉レベルに値するよ(たとえが貧祖)。


わたくしごとだけど来月から仕事の環境が変わって身動きとりにくくなるのとつらいことしか待ち構えてなくて心底今からしんどいんだけどその分先に楽しみやるからあとは頑張れって神様が言ってくれたのかな?と思います。私はAさんに感謝してもしきれないし一緒に2部入ったガヤ担さん達と一緒に楽しめたので罰が当たらないようにこれまでより一層品行方正に生きて行こうと思います。


女神様はどこかにいる。だから高いお金出したり人を貶めたり傷付けたりするようなツイートしたりして後ろめたいことはしないで女神様が現れるのを待った方がいい。時には来ないかもしれない。でもその時は潔く諦めよう。引き際も大事。常にいろんな人に感謝して生きていきます。
広告を非表示にする

ダンスクさん(クリエ)とMコロのごった煮


ダンスクさん(ダンススクエア 雑誌)のクリエレポ(っていうかアフターインタビュー?本人解説?)があまりにも秀悦で自分の中の答え合わせと新たな発見とでもう当時を振り返る余裕がない位新たなテキストとして読んでしまいました。
クリエって魔物なんだね。どんどん好きになる。きっとトラジャに限らずどのグループでも同じだよね。。


キスマイのコンサートが1週お休みなのと私がこの後入る予定がないのでここで一旦ブレークタイム。ダンスクの感想含めMコロバックの話もごった煮で振り返りたいと思います。


クリエの話、私が入った回の最後の幕前挨拶で誰がどの振り付け・構成・選曲したかっていうのをちょっとネタバレしてくれたんだよね。その時にもううわー!ってなっちゃって聞きながら感無量だったんですけどダンスクさんで改めてそこを掘り下げてくれていまして。1個1個感想述べてると日が暮れるっていうか歳とっちゃうレベルなので気になった部分のみ。


☆T.A.B.O.Oがカジ推しっていうのは聞いてたけど1曲目に持って来ようとした所は「よっ!仕事人!」。朝日くんいわく必殺カードらしい。そしてそれを決定したのがみゅーとくん。しめちゃんが「これはやばいことになる」って鳥肌たったって書いてあったけどそれはこっちのセリフである。だって実際めっちゃくちゃ出だしから心臓持って行かれたんだよ本当に。照明のせいもあるけど(おい)踊ってる最中もものすごく後光がさしててそこからの玉虫色の団体が完璧なそろい踏み。ひょー!だよ、ひょー!!!(語彙力のかけらもない)


☆スパノバに関しては、ミ・アモーレ担(いつから)の私としては祭りで聞けてクリエで聞けて、さらにまさかキスマイのステージでミ・アモーレと♪さがっしってっる~が聞けるなんて思ってもみなかったから札幌1日目のレポみてガチで泣きましたからね。あれ聞けるの???真駒内であれ聞けるの?まこまナイツしちゃう?↑↑↑(CV.渋ミツパイセン) 朝日くんの声が想像以上に高いから彼があのパートを歌ってるって気づくキスマイ担さん少ないんじゃないかなって思ってるんだけどどうなんだろう。朝日くんが歌いだす前のみゅーとくんの「dididadda~」のパートも前のめりに大好きなんだけどね!大体さー、かっこいいんだよあそこは(いつだってかっこいいというクレームは受けません)。スパノバはフォーメーション命だし360℃ステージで見てもらえるのわかってるからこその選曲なんだと思いたい。実際まこまナイツのスパノバ感動したもん…。改めてトラジャカッコいいし好きだなーって思った。衣装は新潟のSEVEN WISHESで着てた白黒衣装なのかな?朝日くんしかちゃんとみなかったけど朝日くんの衣装、新潟では閑也くんが着てた背中にヤシの木がプリントされた白いブルゾン。あのプリント大きいから目立っていいなーって思ってたんだよね。


☆七夕・サム&ピンキー・ムラサキ、それぞれのユニット話も面白かった。七夕のしめちかはマスコットみたいで可愛いって言ってしまうみゅーとさんが可愛い。どういう目線で見てるんだよピヨピヨ。サムピンはどっちにも選ばれなかったズッコケ3人組って自分達で言ってるのがおかしいけど誰も突っ込んでないのがさらにおかしいっていうか誰か突っ込んだれや。しーくんちゃんと入れてあげて。仲良くして。でも山田君のパートあげておけばご満悦なんでしょ可愛いね。


☆So Crazy好きすぎる芸人で語りたい。私恥ずかしながら原曲まだ聞いたことないんですよ。だから頭の中で勝手にトラジャの曲になってますけどこの曲が一番普段のトラジャとの振り幅ある気がする。こんなに若いのに(未成年含む)なんで全員こんなに妖艶に踊れるの?ちかみゅの喉元~首元が一番やばいんだけど(どこ見てんの)、クリエに関して言えば冒頭の宮近くんのソロ…これオリジナルって聞いて震えたよね。宮近くんが、最初は失恋の歌だと思ってたけど本当は激しい恋の歌だって気づいた、そこからダンス変えたって言ってたけどどう変わったのねえ!!いつから変えたの!「追いかける切なさから、愛に狂って溺れていく」ダンスってなに??どんなの??
…というかこのダンスクさんのくだりを見て宮近くんの見方が変わりました。具体的に説明は出来ないんだけどこの辺りの文面がかなりぐしゃっと刺さった。ちゃんと歌詞を読みこんでそれを自分の世界にして組み立てられるってプロフェショナルだよなぁ。みんなやってるんだろうけどさ、ちゃかちゃんまだ若いじゃん…この後が怖いよね。才能爆発してそう。
スパノバとこれをキスマイのステージで披露したってセンスの塊でしかない。ちゃんと自分達の見せ方把握してるんだと思うとTravisすごいよJapanである。


☆青いイナズマ これ、みゅーとくん振り付けって聞いた時にテンション爆あげ。この人虫にビビってるだけじゃないんだすごいなーって感心してしまった。でもダンスクさんのトークで一部を閑也くんにイメージ伝えて作ってもらったって聞いてさらにテンション爆爆あげ!!しずみゅかっこよすぎでしょ。うみくんが「閑也天才っぽいな!」って言ってたけどうみくんも天才っぽいだろ!(違う意味で)

「Get you!」だけ任されたから全く歌ってないよ!って清々しく暴露したカジくん絶好調ですね。たしかクリエでも「俺『げっちゅ!』にかけてるから他歌ってない!」って満足気に言ってた気がする。


☆ただ前へ ちゃかちゃんが「歌詞が今のTravis Japanに合ってる」って言ってくれてすごくうれしかった。前に私がトラジャを紹介した記事でこの曲を本編最後に持って来たことを書きましたがやっぱり意味があったんだなーと。そりゃそうか。 


クリエのアフターインタビューの記事読んでて、正直会話の軽さが仲良しダンスクラブかよ~ってレベルで浮ついてるんだけど(笑)、中身自体はちゃんとそれぞれが自分の役目果たしてて、それがツーカーで成立してるところが玄人集団なんだなと思いました。お互いの頭の中のイメージがちゃんと読み取れるってすごくない?自分の頭の中でさえもイメージ難しいだろうに。振り付けだって一人が一曲任されるとかじゃなくてパート分けしたり複数人で作ってたりするってなんでそんなこと出来るの…揉めたりつながらなかったりはしないのだろうか。オリジナル曲もらえないからって作ってしまったり、なんかもうとんでもない創作族なんだな、っていうのはうすうす感じてます。

キスマイ兄さんたちにもすごく良くしてもらっていて、最初は持ち腐れ的なことも言われたけど2曲枠をもらったりミラーマンだったりリトル宮ママだったりおいしいポイントたくさんもらってるよ。あとはその与えられた枠の中でどう売り込んでいくかも見物かなと思っています。名前は覚えてもらいたいよね。頑張ろう!


ダンスクさんの記事は家宝にしよう。そうしよう。

見る方向

同じ事象でも見る人によって全然方向性が変わってきてしまう、というお話し(今回のコンサートについて)。


・クリエ連勤の後そのままキスマイのバックに合流したみゅーとくん。基本出番の時は踊ってる為さほど様子は伺えないけど藤北お着替えBOXお手伝いの時にただわちゃわちゃする役目のため素が出がち。私が見た時は何だかまだ動線が掴めてなくて不慣れな様子だったのと待機中に無の境地に陥ってたのを見たので「あーさすがにお疲れなのかな…」と思ってました。
ところが後日コンサートのレポを検索してみていた所「みゅーとくん、『俺なんでこんなことやってるんだろう』って顔してた。」っていうようなニュアンスの文言をいくつか見かけました。バッキバキのトラジャ担さんにしたらコーナーも殆どもらえずダンスの見せ場も少ない、お手伝いバックに徹している様子を見て「トラジャの無駄遣い」という言葉も生まれた程だったのでもしかしたらそう見えたのかな…と。

・コンサート、新潟の初日から2日目にかけて大幅な曲目・構成変更がありました。削ったり追加したり。キスマイは初日から2日目にかけて曲を変えてくることは良くあることなんですがこんなに大幅改造したのは初めてなんじゃないかな?と思いました。コンサートをよりよくするため、お客さんの反応をネットの感想も含めてよく取り入れてるな、というのが読み取れます。素早い反応で返してくれて今後参加する人が楽しめるようにって考えてくれてるのは嬉しいことです。でもそれってツアー後半に参加する人や何度もコンサートへ足を運ぶ人にとってはすごく良いことだけど、初日1回しか入らない人にとっては「私が大好きなあの曲、昨日はやらなかったのに今日はやったの?」とか「あの演出ちゃんと見たかったのにグダグダで…でも今日はしっかりやってたって聞いて悲しい」とか1回のコンサートに賭けて見に来ている人には失礼になりますよね。プロなら少々の改善点は修正すべきだけど初日をリハーサル本番のようにするのはやめて、というのも分かる。

事象をネガティブにとらえるかポジティブに捉えるかによっても、表から見るか裏から見るかによっても全然見え方は違うし立場が違うと考え方も違う。一意見として言いたいこというっていうのは間違ってるとは思わないけど自分が見えてる方向だけで賞賛したり批判したりするのはリスクが伴うし気遣いは必要だなと、自分は気を引き締めようと思います。


何が言いたいかっていうと、今回のコンサートのセット。メインステージが360℃のセンターステージなのですが4つ角に大きな柱、ステージ頭上には長方形のスクリーンが4方向、さらにこのスクリーンが可動式になっており中から同じ形の四角い4面スクリーンが出てきて演出によっては下がってきます。下がり切ると遮断されてしまい反対側で何が行われているか全くわからなくなるのでお目当ての人が反対側にいたら諦めるしかありません。このセットに当初批判が続出していました。初日がアリーナ席しかない新潟だったので自席で死角が発生してしまう人が大多数。かなりのストレスだったと思います。誰もステージの全貌が分からない。
「あんな四隅にぶっとい柱立てたら見えなくなるの分かり切ってるでしょ?」「ステージが低い上に外周もない…」


誰が見ても見やすいステージにしないといけないのは本当は当たり前のことなんだけど、「Music Colosseum」のツアータイトルに相応しくステージ上にコロシアム作っちゃったんだよね。これってアリーナツアーじゃないと出来ない夢の試みなのかな?と思います。客からどう見えるかと理想に近いステージの形を保つのと極限までバランスを考えてくれた結果なんじゃないかなぁ…?
現に静岡でステージ正面遮るものが殆どないスタンドからみてたらコンセプトがきちんとなっていて表現したかった世界観が良くわかりました。キスマイすげぇなって。ステージセットだけで美術品。始まる前から戦いが今から始まるぞ、という旗がひらめきそれを取って戦闘開始の合図にみゅーとくんが出てくる。下からせり上がってくる舞台にメンバーがいて、全員が旗を翻してる。ぞくっとしました。ちゃんと見えればの話だけども。柱はさておきステージもくるくる回転するし死角を考えてメンバーが動いてくれてるのは痛いほどわかります。(MC中、謎に全員動いてるもんだから「ドリボの戦いのシーンみたい」とか言われてしまうが)
小さい会場でしか表せないステージを作ってみたかったんじゃないかなと思いますが、どこから見ても死角が出来ないようにはしてもらいたかったのが本音ではあります。注釈席とかで注意書きがあるとか別料金の席にするとかじゃないんだからさ。制作側の思いが必ずしもお客さんにとって良いものか、っていうのは表裏一体だよね…。

ただ、ステージ全貌が見えた時のカッコよさは過去最高です。バックについてくれているJr.が花道で引き立ててくれている華やかさも今回の世界観にはとても合っています。この後夏に向けてどう進化していくのか楽しみです(ただしこの先のチケットはない)。




…って書いてたんだよ。

そしたら札幌からまた大幅に変更キタ━━(゚∀゚)━━!!!

トラジャさん達の真骨頂、ダンスの見せ場作ってくれたんだってよおかーさーん‼︎ありがとうございますキスマイ先輩‼︎

そんでおでんがなくなって客席降りですと???多分さ、本当にファンの反応見てるんだろうな…アリーナの干され席とかトラジャの見せ場がないとか。考えてくれたんだろうなぁ。結果がいいか悪いかは別として。

先輩やるじゃん。


でもさ、やっぱりもうちょい最初から固めていこーぜ??

お着替えBOX楽しみにしてた人は悲しい思いするし、キスマイのコンサートなんだからトラジャの見せ場に時間割くなんてって思う人もいる。

新潟静岡に入ったトラジャ担さんは「なんで今からコーナーもらえんねん‼︎」って怒るでしょうよ…


…これも一方からの考え方になるのかな?スタッフさんやメンバーはころころ変わることをどう捉えてるのか知りたいな。



広告を非表示にする

Mコロツアー始まったよ その2

Mコロツアー感想、その2です。



Travis Japan

ここまでお手伝い要素が強かったトラジャに初めて見せ場がやってきました。紹介があったわけでもなくあくまで場繋ぎの出番みたいですが全身ミラーマンみたいな衣装にキラキラ仮面をかぶって結局全身隠れちゃってますけど(朝日くんだけはわかる)やっぱりバックじゃなくて前に出てきて踊ることに意味があって、そんな場を設けてもらって良かった。ボキャブラリー不足だけどとにかくカッコいい。これは全キスマイ担にも見てもらいたい。でも時間にすると本当に短いからすごくもったいない…。最後に宮近くんのアップ「We are TravisJapan」で締めます。

 


13.ONE KISS

トラジャはミラーマンのままキスマイのバックに付きます。最初はキスマイが下からせり上がってきてそれぞれ台の上に乗っているかのように見せて、その一人一人の台をトラジャが外すとあら不思議。宙に浮いてるように見えるという仕組み。あらイリュージョン。ステッキ風の手すりにつかまっているのでそれがキーなのかな?仕組みは全然わかりませんね。じっくり聴きたい歌なのにイリュージョンの仕組みが気になってつい衣装の下を見てしまいます。

 


14.Gravity

一旦舞台ごと下に降り、その場をトラジャが繋ぐんだけどキスマイが蛍光色の衣装に着替えてきた所で一緒にダンス。ただこの内容が全く覚えてない…レーザー使ってたよね…イントロ始まるころにはバックは掃けます。

 


15.r.a.c.e

モニターフル活用、見えるメンバーがかなり限られます。あんまり覚えてません←


 

ここで二日目はGirl is Mine 全力ファイターが入ってきます。ファンサ曲なのか花道走り回りますがやっぱりここはローラーじゃないとテンポ悪い…慌てて付け足したセトリなだけに特にダンスはありません。ちなみに夜はGirl is Mineがカットされたらしい。これ地味にショックだなー私ミントコンのDVDで見たGirl is Mineで「この人達のコンサート行ってみたい!」って初めて思ったから感慨深い曲なんですよ…これの藤北の歌とパフォーマンスが好き。

 


~たまっち VTR

初日はここで急に来たから何事だ???ってなりました。たまちゃんがゆるすぎてお腹抱えて笑ったよ。玉森×畳とかどんだけゆるいの。トランプタワー作ろうとして最初の段も作らず挫折したり輪ゴムぺちぺち伸ばしたりおせんべぼりぼり食べたり…

 


16.道しるべ・棚ぼた

ここで初日は舞祭組が入りましたが2日目からなくなりました…なぜ…ちゃんと横尾さんのソロもあったのに。結構無理に詰め込んでる感じはしたけどなくさなくてもいいじゃん。

 


【コント】

初日→宮ママ殺人事件 

おでん(KiY2) ゴムぱっちん(TS

二日目→ハッスル宮ママ 

おでん(SF)・ゴムぱっちん(KiY

 

初日は宮ママがステージの真ん中で死んでました()。宮ママ人形が微妙。最後にみやっちがすり替わって生き返る(?)流れ。二日目は事件の跡形もなく着物来てアフロ被った宮ママがずっと中心。両日ともに最後は「宮田はどこだ」という話になりカツラと着物を脱がされてヲタクみやっちが出てくるというオチ。。

「アツアツおでんを10秒で完食せよ!」のミッションには初日北山横尾二階堂が挑戦。ニカミツの小競り合いとかニカちゃんが横尾さんの口にこんにゃく押し込むとかしっちゃかめっちゃか。二日目は藤ヶ谷千賀だったけど2人とも全く急ぐ様子がなく「あちち」って言いながらただおでん食べてただけ()。OLかよ。


ゴムぱっちんは初日玉森(補助梶山)、千賀(補助川島)でたまちゃんは自ら口を開けてしまい朝日くんにゴムがヒット()。千賀さんにクリーンヒットしたので如恵留くんは心配そうでした。二日目は北山(補助梶山)横尾(補助川島)で横尾さんはまともにゴムを食らってしまったらしくかなり痛そう…横尾さん大げさだから如恵留くん心配しちゃって何度も謝ってたしはけるときも横尾さんの方振り返ったりしてたよ。

 


17.SNOW DOMEの約束

これは初日だけね。みんなとんちきな恰好してるままスノド歌いだしてシュールにも程がありすぎて会場中がざわざわ…()相当面白かったのになくなって残念。たいピーチの「ふぉえ~~ば~~!」で腹筋崩壊した。

 


18.レッツゴー!

EDABブロックの方に向かって歩いて移動し、ABブロックの前でMVの椅子ダンスを披露。なんか360度見える演出ならよかったのにもったいないなー、せっかくの椅子ダンス。相変わらずたいピーチの頭大きいし。初日は人ごみの中からステージ越しに椅子ダンスを見たけど何にも見えなくて、見えたのはたいピーチの頭だけだったっていうね。

 


19.いいね!

この曲は2日目はもっと前半にやってました。トロッコ曲になります。ガヤさんとかニカちゃんが来てくれた気がする。私はそんな中いいね(グーの形したスポンジ製の巨大手袋)を持ったうみんちゅさんにくぎ付けでした。ふにゃふにゃしてるのに足腰しっかり踊っててなんだあの可愛い生き物は。

 


<藤北生着替え>

(生着替えとはいえ試着室に入ってる為見えないのでこのくだり必要あるの?ここを丸っとトラジャコーナーにすれば…?という疑問はさておき)

みっくんの試着室には宮近くんが、がやさんの試着室には如恵留くんがサポートで入ります。これを面白おかしく中継するのが残ったトラジャの役目です。実況担当は梶山、にぎやかし中村、カメラ七五三掛、カメラアシスタント(コード持ち)吉澤。基本しめちゃんとしずやくんは何も話しません()。朝日くんが一人で頑張りますがその横で小道具で遊んだのち片づけたり無駄にカメラに見切れたりするうみんちゅくんが最高にシュールで面白い。でも意外とバランス取れてるの。たまに試着室開けてみっくんのお着替え見せたり、宮近くんの上半身露出したりしてサービスタイムはあれど基本は朝日くんが繋ぎます。大変!

 


20.君のいる世界

着替えが終わると中からマタドール風のメンカラ衣装+真っ白なマントを身に着けた藤北が出てきます。ローラーでステージ前にあるリフトに乗りこみ徐々に他のメンバーも立ち位置に合流。白いマントをつなぐようにリフトが上がるにつれて下まで白いカーテンが伸びます。その間メインステージではトラジャと他のJr. がせっせとセットをお片付け。これスタッフさんでもよさそうなのに、結構大きいセットを畳んでステージ下まで運んでて大変そうだな~と。

 


21.キミとのキセキ7人ブーケトス)

リフトを降りたあとローラーで縦横無尽に走ります。立ち位置が決まっててそこで花道下にいるスタッフさんにブーケを投げるとキラキラが舞う、という演出あり。

 


22.MU-CHU-DE恋してる

私の中ですっかりこの曲はLove-Tuneのものになってしまったのだけど()、本家はガヤさんがかわいいから優勝。これもABブロック前でしかやらないのでその他のブロックは置いてけぼりです。あ、後半はDEブロック前でやるかな?初日はとにかく見えなかった記憶と2日目に宮っちがあいかわらずみっくんのお尻ガブガブしてたのが見えただけだなー。千ちゃんと横尾さんはニコニコしながら絡んでたっけかな。初日は後半に持って来たこの曲ですが2日目は中盤にありました。

 


23.Everybody GO

キスマイが何やってたか全く覚えてないのですがトラジャがすごかったことははっきり覚えてます。トラジャの誰を見ても今までバックに着いたJr.であんなに激しくEverybody Go踊ってた人みたことないよ!!勢いおかしいもん。キレキレ過ぎてこれ違う曲だろ???一応全員確認しましたけどちゃかちゃんすごかった。言わずもがなの朝日くん。Everybody Go!って突き上げた手はもう空手かよって勢いだし「掴めNo.1」の指クイは未成年のそれじゃない(それとは)。挑発行為禁止です!!

こればっかり見たい。この曲はもうトラジャしか見ない。

 

_________

 

アンコール

24.Dream On

ツアー寸前のラジオで「みんなで歌ってくれ!」ってみっくんにネタバレされた曲()。初日はメンバーが出てくる前からお客さんが一生懸命歌ってたけど2日目はさほど周りから歌声は聞こえてこなかったような。突如モニターに客席映す演出になったの本当にやめて!(2日目から)

 


25.Thankyouじゃん!

これトロッコだっけ?自分がどこ見てたか記憶にない…花道のトラジャ見てたのは確か。この曲終わりで銀テ出すとまたトラウマが上書きされてしまうからイントロじゃないにせよそろそろ銀テ曲変えてもらえますか?

 

 


すごいボリュームのレポになった…。

場所がいけなかったのか入ったエリアの問題なのか本当に見えなくてですね…私が4年前にこの会場に入ったとき(じゃにーずじゃないけど)44列目で何にも見えなかった経験をした場所なのでうすうす覚悟はしてたんですが、初回公演なので全容が見えないまま終わってしまった感じです。今回のツアーはアリーナツアーだから入れるだけでありがたいはずなんだけどちょっと消化不良というか。この後どこの会場に入れるかわからないけどスタンド入って見たいです。あとね、圧倒的に目が足りない。自担2人は無理!



このままではどっちも見られない。困ったもんです。

Mコロツアー始まったよ その1

MUSIC COLOSSEUM(以下Mコロ)開幕おめでとうございます!

新潟初日と2日目のお昼に入らせてもらったのですがまぁ言いたいことが沢山ありすぎて。レポじゃないですが静岡始まる前に2日分まとめての所感を自分の為に書き残しておきます。キスマイ・トラジャごっちゃです。



 

☆セットリストは初日をベースにしていますが途中で追加分を書き足しています。

 


1.Overture

初日はぼんやりしかわからなかったけど、人様のレポをみて如恵留くんがやばかったということで2日目に改めて最初から双眼鏡スタンバイ。

如恵留くんの身長の約1.5倍(目視)程度の大きな旗をスモークの中優雅に振り回す。目線があまりにもまっすぐを見据えてて冷酷なイメージを与えるけどその世界観が完全に如恵留オンステージ…。あれほど大きな旗を振りまわすのって筋肉ないと体がぶれてしまうけれど腹筋使って腕の力で大きく回す如恵留くんが頼もしすぎて泣きそうに。大役だよ!!!

最後に旗をどうやってしまうのかな?と思って観察してたらせりが下がった舞台の下には持って行けないらしくそのまま持ってステージを降りて脇の搬入口にしまっていたのですが、搬入口にはカーテンではなくついたてがしてあってさらにそれは見えないように互い違いになっているのでそこだけ低くなっている天井(はり?)とぶつけないように入れるのは結構至難の業なんじゃないかと思って見てたのですが「すっすっ」と一度もぶつけることなくしまっていたので驚愕。そんなところまで丁寧にスムーズに入れるのね…

 


2.EXPLODE

その後ステージが下から上がってきてキスマイメンバーも旗を持ったまま外向きでスタンバイ。しばらく風が吹いていて衣装も旗も揺らめいている。横尾さんの長髪は変わらず、右側だけ片耳に髪を掛けておりきちんとセットされているフォルムは最高にクールでカッコいい。衣装も片肩出しでもう片方の肩(カタカタうるさいね)にはアルマジロの背中みたいな甲冑が!(語彙力不足)

途中からJr.が飛び出してきます。黒タンクトップに幅太目のゴールドテープをクロスさせたみたいな衣装、如恵留くんはオープニングで既にこの衣装を着ていますが肩や腕の筋肉が本当に素晴らしく見える衣装でさらに朝日くんのゴリゴリ筋肉も大変よく拝めます。

 


3.Tonight

初日はこの辺全く見えませんでしたが2日目に腰ふり横尾さんが見られて大満足。MVよりも断然えっちい。こんなことめったにないんですけどね…この手の類は大体MVの方がいいんですが←それもどうかと思う

 


4.FIRE BEAT

ここはキスマイよりも頭振るトラジャが見たくてずっとトラジャの誰かをロックオンしてました。頭ふるのはやはり本家のお兄様方が麗しゅうございましたがそれ以外のダンスがキレッキレで圧倒されました。キスマイと同じ振りをなぞっているわけではなくバックの振りだと思うけどトラジャは誰も流して踊ってないんだよな…特に朝日くんは全部全力で、疲れないのかな…

 


5.Bang!Bang!BURN!

これは2日目からトロッコだったのかな?こっちには宮千ちゃんが来てくれたような。二人とも汗が尋常じゃなくて笑った。トロッコ最前だったけど2人ともこっちみてなかったからひたすら襟足から滴り落ちる汗を眺めてました。トラジャに関しては全然覚えてないんだけど誰だったか(閑也くんだったかな?)すごいしなやかに力強く踊るなこの人…って思ってみてた。

 

 

6.VersuS

これ、初日私の方向に北横が和服で現れた時に「ええええーーー!」って絶叫してました(心の中で)。お隣が北山担さんだったので2人で大興奮。しかもタップ!まさかの和装DEタップ!大分攻めてるよね。。まず横尾さんがみっくんと二人で踊るってありえないから。タチが悪い時の横尾さん(どんな時だよ)は途中でダンス諦めちゃうからすごく心配だったけどちゃんとみっくんに付いていってました。さすがに並んで踊ってたら目立つからね…そういうところはしっかりやろう!

初日は北横以外全然見えなくて、ニカちゃんがベース弾いててその後ろ姿にいたく感動したことしか覚えてなかったけど2日目は逆サイドに入れたおかげで宮千とニカちゃんのベースを堪能できました。みやっちと千ちゃんの衣装、名前もジャケットに入ってるしかなり凝ってるよね?

トラジャの見どころとしてはのえしずと森継がセンターで和傘持ってるんですね…もうめちゃくちゃ雰囲気あってついついガン見してしまうのでその他の人がなかなか目に入りません…機関銃持ってるとかなんとか聞いたけど全く確認出来てない。

 


7.WANNA BEEEE!!!・運命Girl

2曲のRemix盤でごちゃごちゃ。どちらの曲も好きなだけに落ち着いて聞きたかったけど・・・

 


8.ShalalaSummer Time

これ歌うと思わなかった!でも♪夏がは~じ~ま~る~ だから今歌うべきなのか!(リリースした時は晩夏だったし)ローラー曲いいよね。

 


9.SEVEN WISHES

生着替えなんだかなんだかよくわからないけどセット転換の合間にステージ上で着替えが始まります。しゃべりながら、トラジャがメンバーの着替えを手伝いながらセット転換?も同時に行われてもう何がなんだか。。狭いステージ上でしかも後半は明るくなるもののうっすら暗転したままごたごたするので双眼鏡必須です()。どこ見ていいかわからないので朝日くんがみっくんのお着替えを手伝ってるのを見てました(2日目)。みっくんはしゃべりながらだし色んな人に突っ込み入れてるから朝日くんがみっくんのジャケットを最後に着せてあげるタイミングが読めなかったようで、ジャケットを肩にかけようとするとみっくんが話し出してしまう、を3回位繰り返してました。ご苦労様です。

 

歌が始まると椅子に座ったりセットに腰かけたりコート掛けや電燈にもたれ掛ったりバスタブに入ったりまあ割と滑稽なんで落ち着いて聞かせてくれ。。

 


10.AAO

確か花道にみんな移動するんだけど立ち位置全く覚えてない…

 


11.キスしちゃうぞ

この曲忙しすぎてもうどうしていいかわからない!!トロッコに乗って代わる代わる色んなメンバーくるしペンラは順不同に色変えさせられるし初日に至ってはもう全然覚えてない。2日目はこの曲の後にいいね!だったのかな。トロッコに乗るメンバー変わるしでもうわけわかんない。

2日目、ペンラ芸の最中に目の前にみっくんのトロッコが止まりました。ホント目の前。みっ担さんなら間違いなく失神してる…(生憎周りは舞祭組のファンが多かった)お水飲むときも、見られてるのちゃんと意識してて前向いて飲んだり後ろ向いて飲んだり。自分が歌ってない時はみっ担さん見つけてはファンサに余念なし。汗がトロッコからもぼったぼった垂れてたけどずっといたずらっ子みたいな笑顔…ちょっと気になってる人はありゃみんな陥落するわ…。目の前のみっくんも気になりますがABの花道にいた朝日くんもめっちゃくちゃ気になってしまって、ペンラ持ってる朝日くんとかかわいいしかないんだけどやっぱり目の前のみっくんが気になりすぎて見られませんでした。朝日くん全然近くに来ないのでちゃんと見るならその時しかなかったんだけどな。 

 


〜MC〜

初日は前日何を食べたか、という話。宮千は地元の居酒屋で。若い人いない様なお店で珍しがられたとか(身バレはしていない)。みつ、ニカ千はわっぱめし?地元のものを。わたたいはなぜかお散歩がてらコンビニでお粥とヨーグルト(お腹壊してんのかおじいちゃんかしかない)。ちなみにコンビニでヤンキーがいたため怖くて一旦撤退したとのこと…()あと、横尾さんが珍しくすごく暑がってMC中一人だけジャケットを脱いでノースリーブのTシャツに。「薄いんだから隠して!ジャケット着て><」とたいぴちゃんに言われるもMC中にジャケット着ることはなかった。

二日目はニカちゃんがツアーの為に食事制限初めた話と、千ちゃんがちょっと太ったからニカちゃんに合わせて自分も食事制限しようとするもののいちいちニカちゃんに「これ食べていい?」と聞く始末()

あとはリバース・桜子さんいじり。ニカちゃんとみやっちは本当にヲタクレベルでドラマ楽しみにしている様。その流れから新曲のPICK IT UPに。

 


12.PICK IT UP

初お披露目。衣装はBrand New Worldのモノクロバージョンみたいな感じだけどもっと動き易そう。「ピキラ(Pick It Up)」連発で服をつまむ振り付けが多用されてます。途中ジャケットとか羽織ものを肩までずらすふりもあり。

二日目はこの後またMCに戻り、たまちゃんがしれっと抜けます。「俺時間掛かるんだよ~(着替えに)



長くなりましたので一旦切ります。

 


ありのままで(2017.5.16)

横尾さんが30歳になった時、ちょうど去年の今頃はお仕事が絶好調、プレバトにワンだランドにと大忙し。毎週TVで何かしらの活躍をしていたのがファンとしてとても誇らしく、楽しそうにお仕事出来ている様子が本人からはもちろん、ジャンルの違う所からもあちこちから伝わってきて見ているこちらも幸せな気持ちになりました。
海外に特番撮影行った話を聞いたり、道しるべの合宿の様子を垣間見たり、夢にまでみたハイタッチ会にまで参加したり…と横尾担で幸せだな~と感激感動の嵐が続きました。

ある日、7人のレギュラー番組内で突如横尾さんだけのソロ企画が始動しました。「マグロ解体師の資格に挑戦!」また何か面白そうなことし始めたぞ…わくわくしていましたが結果は不合格。残念だったけど予告もあったし引き続き頑張ってくれていると信じていますが時を同じくして不穏な空気が襲います。

順風満帆に行っていると思っていた所に横やりが入りました。本人の脇の甘さはアイドルとして反省すべき点だと思いますが物事の本質とは別に騒ぎが独り歩きしました。事実がどうであれ物的証拠を見て悲しくてたくさん言いたいことがあった人の気持ちも痛いぐらいわかりますが、それでも変わらず好きで応援している側の人達を巻き込んでまでみんなで不幸になるのはお門違いだと思います。

丁度この時期にタイミング悪くワンだランドの終了があり私も意気消沈してしまったのも事実ですが、普通にしていても「頭ん中お花畑www」と言われることがツラく、横尾さんを好きでいることがいけないことだという空気が流れてしまい正直途方に暮れていました…。


横尾さん31歳を目前に、ツアーが始まりましたね。

でも横尾担としてコンサートに行くのが憚られてしまい初日は本当に胸が押し潰されそうでした。団扇持っててもペンラをオレンジにしても後ろ指指されるかも…、周りで横尾さんの話をされたら耳を塞ぎたくなってしまう…そんなネガティブな想像しかできなくて。…しかし、新潟に着くなりオレンジを身に着けた方々にお会いしました。さらに会場に足を踏み入れるとオレンジがぽつぽつ目に付きます。むしろいつもより多く見かけるような気がしました。それだけでもほっとしたのに、いざコンサートが始まると私の視界にはオレンジのペンラが点々と…。ここで初めて「横尾さんを胸張って応援してもいいんだ」と思えました。


ネットやSNSの話だけを鵜呑みにして自分の目で何も見ようとしないことは悪でしかない。もう少し自分を信じたいと思います。


コンサートのレポを書いていても横尾さんがイキイキしていた事実を書こうとすると内容にちゃちゃを入れてくる人はいました。「そんなの出来て当たりじゃん」「普通真面目にやるでしょ」いやいや、横尾さんはそうじゃないんです←おい
気分によっても体調によってもすぐに態度に出る人なので、それを今までもみんながキャラとしてゆるく受け入れてきたことが今回ばかりは違う。見る目がすっかり粗探しに変わってしまっている。「やる気あるのかよ」って叩かれてしまう。こっちはそのキャラと数年来のお付き合いなんです。今更便乗して言わないで欲しい(いやダメなんだけどさ)
しかし今回のツアーは横尾さん自身がかなり楽しそうで正直ほっとしています(今回の騒ぎで何か思うところがあったのかもしれませんがそれは勘ぐらない方がいいと思う)。


愛ゆえについ厳しいことも言ってしまうけれど、ありのままの横尾さんを好きになったんです。ファンとして『こうした方がいいと思う』と苦言を呈しても横尾さんの性格上絶対に受け入れません。そんな頑固で天邪鬼な所も分かった上でこっちは好きなんです。


31歳になって何が変わるのか、変わらないのか見て行けることがとても楽しみです。私が好きになり始めた時の横尾さんは舞祭組でも目立たずたまにいじられる位。「横尾?誰それ?」「えっ二階堂かと思ってた」なんて言われてたし私もそう思ってた。
でも今は違う。話題にもニュースにもなる。単独でテレビにも出る。そしてちゃんと話せるしバラエティ向き。元々アイドルらしからぬ横尾さんがいたからこそキスマイが好きになったけど、そんな世界までは想像してなかったんだよ。すごい世界になったもんだ。



31歳でまた世界は2周3周するかもしれない。でもどんな形でも私は横尾さんを見守ります。


横尾 渉さん  お誕生日おめでとうございます。

2017.5.16