ORANGE diary

日常のファンタジーへと

帝劇は夢のHollywood

Johnnys' YOU&ME Island 、あっという間の1ヶ月弱でしたね。私はこの後入る予定がないので勝手に振り返りたいと思います。振り返る内容が多すぎるので待望のオリジナル曲に特化して。


Travis Japan‬のダンスを見るとなんでこんなに心揺さぶられるのだろうと。勢いがすごいとか揃ってるとかいう問題じゃなくてどこか儚い、切ない、憂いを帯びてる、でも愛おしい…ってそんな感じ。


最初に入ったのが9/10。自分の名義が仕事しすぎて初観劇なのにこんなとこでみたら後どうすればいいのさ…ってドギマギするようなお席。私、夢のハリウッドがオリジナル曲だって分かってから見るのが初めてで文字通り死にそうなくらい楽しみにしてたので見たら泣けてしまって。オリ曲もらえてよかったね、こんなにかっこよく仕上げてすごいね、やっぱり‪Travis Japan‬最高だわって。
この時は初見だからあっと言う間だったしふわふわしてあまり覚えてなくてそのあと9/14にお友達から譲ってもらって一緒に入りました。


楽しみにしてた夢ハリ。
…あれ?10日の時こんな出方した?この曲の前って元々ハイBだったっけ?
心の準備が出来ないまま始まり、最後もこんなはけ方した??…えっ!ステッキ頭上に掲げた!…照明消えてるのにバッ‼︎ってタイミング揃えて消えた‼︎すごいすごいなんでなんで??あーんもうこういうところがトラジャだようわーんんん(泣)←本当に泣いた
もうガチパニック。
後でお友達に聞いたらちょうど14日から変更だったそうです。誰考えたのあれ??構成振り付け考えたの誰??天才か。メンバーの誰かだったらマジ秀才天才神仏(語彙力の低下が著しい)。


この時はかっこよすぎてパニックになってたのですが、後でもう一度観劇した時にHiBドリームの途中で照明がうっすら当たるか当たらないかのステージ後方のところにすっと入ってきて後ろ姿のシルエットのままスタンバイしてたことを知りました。左腕は腰に手を当てて姿勢正しく。HiBドリームのアウトロにかぶせるように後ろのステージが回転を始め夢ハリのイントロに合わせてトラジャが正面を向きます。…かっこいいかよ…!!!!
バックの映像が夕暮れのハリウッドの建物イメージでやっぱり切ない。

最初は普通に踊る。ガチガチに揃ってます。そこからタップ→ステッキの流れ。タップはしめ・ちゃか・しずの3人のみまず踊り、その後かじ・うみ・のえの3人。如恵留くんがダントツ目立ってうまいんだけどそれでも他の人が劣ることはなくて短期間でよく頑張ったなこれ…ってくらいハイレベル。HIDEBOHさんのタップそもそもレベル高いよ?
ステッキはメンバー同士投げての交換で最初に見たときあさひくん落としたんだけどその他は私が入った回で落とすことはなかったな。ステッキ持ってのタップはお得意の歯剥き出しキメ顔しながらたまにタイミング見てバックについてくれてるJr.を片手で煽ったりして余裕見せたり。ここはあさひくんロックオンで見てたから他の人がどうしてたか知らないけど気持ち良さそうに、でも必死に踊っててタップ大変なんだろうなっていうのがすごく伝わる箇所だった。真剣な顔のあさひくんもすごく素敵。


最後はメンバー真ん中に集まってポーズ。その後後ろ向いてオケピに一列に並び、光ってるステッキを斜めに頭上に掲げます。そこだけで\わぁぁぁ!/ってなるのにステッキから同じ緑の光が画面に移り光の玉が画面上に登っていきそのままPrinceの曲に繋がる…ここでまた涙腺崩壊。すげぇぇぇ…だから誰?考えたのは!!早く名乗り出て。

Princeの新曲もすごく素敵で3人が途中片手高々挙げてピースする振りがあるんだけどそこが1番好き。ハリウッドから地球へ、って流れが素晴らしくて流れで泣いてしまう。 

トラジャはステッキの照明が消えてもポーズはそのままオケピが沈み込みます。まだ完全に沈み込まない時点でザッと6人息を合わせて下がるんですよ!照明当たってないけど綺麗に揃ってるのがバッチリ見えてここまで‪Travis Japan‬だぁぁ‼︎って大感動。下がったあと、体縮こめて左右にはけてくのが小動物みたいで(白のジャケットなので上から見てると背中が目立つ)むちゃくちゃ可愛い。これは2階席の特権。

曲調もダンスも切なくて会場中の空気がピリッと変わるくらい素晴らしい見せ方で、さらにそこにタップとステッキの融合で贅沢だし何から何まで全部が完璧にお膳立てしているトラジャ本当に職人でしかない。1つ詰めが甘いとすれば弟3人はステッキさばきおぼつかないから練習増やそう。あ、もう終わるか。


なんでこんなにダンス1つで引き摺られるんだろうか。謎は解けないままだけど多分前述の通り上手いだけじゃない、テクニックだけじゃない。揃ってる中にも個性が溢れててさらに切なさや儚さの混じった醸し出す空気感が余韻を残させるようにしてるって考えるのが自然なのかな。

このあとまた別記事で書くと思うけどIt's B.A.Dとかもやっぱり余韻すごいんだよ。


Travis Japan‬のダンスは24時間見ても飽きないや。
夢のHollywood、本当にいつかハリウッドで披露して欲しい。頑張れ‪Travis Japan‬。
広告を非表示にする

目指せoh!en!yah!

☆今回は自分で直接見聞きしたものではない色々なことのネタバレにも言及していますので勝手な想像の域を超えていません。苦手な方はそっと画面の「×」ボタンを押してスルーしてください。





PLAYZONEに何の思い入れもないはずなのに、やっぱりあの単独最終日が恋しくて毎晩の様にDVDを見てしまう。私が持っているプレゾンDVDはたった1本。一番最後に出たもの。夏のEXで披露された演目を中心に、でも全体を通して繰り返し見てる。

そこで見た一際手足の長い、茶髪のせいか今よりちょっとあどけなく見えるけどでも堂々とトラジャのセンターに立ってた人。ダンスを見ながら「この人がこのグループにいないと仮定したらバランスはどうなるか」「トラビスに見初められた人たちなんだよな…」「今年ダンス留学してるんだよね…」「この頃だってすごいのに、素人目に分かる位格段にダンスも歌もレベルアップしてるんだな…」「EXのソロかっこよかったな」とか、毎晩の様に走馬灯のように(ただし短すぎる走馬灯)思い返してしまってDVDを楽しむどころか、なんかしゅんとした気分になったまま見続けてることが殆ど。


そんなある日、某所で初のオリジナル曲発表・披露されたとレポートが回りお祭り騒ぎに。EXで何の説明もなくしれっと披露されたあの曲…あの時に一言なんで説明がなかったのかな。でも6人。。。嬉しいことのはずがこんな時だから黒い雲みたいなのが頭に覆いかぶさってきてもうあれこれ考えを巡らせてしまって素直におめでとう!って言ってあげられなかった。そして分かってたけど雑誌の写真も6人だった。現実を突き付けられた気がして目を背けた。なんだか胸にぽっかり穴が空いた様でもあった。


…いや、まだ誰も何も言及してないよね?←それが私の中で首の皮一枚つながってる様な状態。諦め悪いな、私。


ネガティブな情報が浮彫になっていく毎に一つ一つ確認するように落ち込む。自分がここまで箱推ししてるって実感なかったけど7人の今がとっても好きなんだなぁ。



…なんて、結果的に辛い辛いばっかり言ってた所でタイミングよくトラジャ担のお友達とお話しする機会があったのですが、「オリジナル曲もらえたってすごいことだよね!ずっと待ってたことだもん。」って言われてハッとしました。そうだ。少クラ出ても、Jr.が集まるステージでも、他のグループはオリジナル曲メドレーとかで歌えるのに、トラジャはいつもカバー曲だった。まるで自分達の曲の様に自分達のものにしてたけどカバーはカバー。それが今度から自分たちの曲として踊って歌えるんだ。衣装だってタイミング見て今年ようやくオリジナル作って出してもらったんだよね。


暗くなるばかりで喜ばしいことや嬉しいと思った感情を見失ってしまっていて後ろばっかり見てた。デビューしていない以上全てが流動的で、ましてや2017年が転機の年と言っても過言ではない発展途上のグループ(もちろんその前にも色々あっただろうけど正月の帝劇に初めてグループで出た、少クラにもほぼ毎週いるようになった、オリ曲・オリジナル衣装もらったなどなど)だからこそ今この瞬間が大事で、応援してあげないといけないのに。。みんなが前を向いて進んだのなら私も未来を応援していかないといけない。そもそも応援の声に比例して前に出てくることは明白なので今声高に叫ばないでどうするんだ。


ド新規のたわごとでしかないし勝手に思い入れて勝手に落ち込んで何やってるんだって思うけど、このグループを好きになってから仲良しの担当さんがそれぞれ苦しんでるのも見てきたし今もまだもがいてる人もいる。私は話を聞いてあげることしかできないけど、一緒になって悩む前にまずは喜ばしいことはちゃんとお祝いしようって思いました。朝日くんの担当だからこそお祝いしてあげなきゃいけない。だって朝日くんの居場所はトラジャなんだもん。グループという母体が揺らがない様に精一杯応援しよう。



\オリジナル曲本当におめでとうございます!!!/



\Johnnys' You&Me Island 初日おめでとうございます/











広告を非表示にする

マグロ食べたい

ちょっと時間が経ってしまいましたが、マグロ解体師1級資格取得おめでとうございます!

 

正直ね、待たされすぎてもう企画がなくなっちゃったのかと思いました。試験不合格になった後の放送からそんなに立たないうちにHPに続きの予告が出て一盛り上がりしたのですが、それもふっと消えてしまっていましてその後は数か月音沙汰なく。でも一瞬でも予告したってことは進行中なんだよねと勝手に良い方に捉えて待てど暮らせど数か月。まぁ待ったよね。

 

 

元々は芸能人(現時点で籍を置いてる人)初のマグロ解体師としてヤホーニュースTOPに載りたい(「載ったらすごくないですか?」)という願望から。前にも言いましたけどこんな企画を自ら言いだすのはだーいぶ珍しいことだと思います。そのことにまず「おっどうしたどうした」のざわつきなんですがリベンジの様子を見てもいつもとちょっと違った様に思いました。

 

苦手な口上と気を付けなければならないことが山ほどある実践編。どっちも苦手なことの様に思います。マグロをさばく技術はあっても口を動かしながら、人にあれこれ言われるのがあまり好きじゃないのに(多分)職人気質の先輩にわぁわぁ怒鳴られながら覚えていくのはきっと至難の業だったんじゃないかな。ある意味大分プライドかなぐり捨てないと無理でしょ。。最初にチャレンジした時に打ち砕かれたと思うんですよ。正直2回目「や~めた」って言いだしかねない位に。

でも根底は根性ある人だと思うので一念発起したというかきっと合格するまで何度も挑んだのだと思います。そう思うとね、今回のチャレンジの奥深さって果てしないことだったんじゃないかな。。

 

 

絶対不快な思いしてるはずなのに何を言われても顔にあまり出てないところでまず「おや?」と思いました。あ、これはやらされてる企画じゃなくて自分のものにして吸収しようとしてるんだって。あのねー素直故に嬉しいことも不愉快なこともすぐ顔に出ちゃうんですね可愛いですね(ただの三男坊甘やかし)

 

結果はお分かりの通りかと思いますが、スタジオでメンバーと一緒にみてその場で結果発表ってのがなんか良かった。みんなの野次があったかくてなんかよかった。あんな性格なのに(あんなとは)メンバーにちゃんと愛されててなんだか泣けてしまった。特にみっくんとニカ千ちゃんには感謝してもしきれないよ。私が感謝してどうなる話じゃないけどもツナ缶でもお中元でも送ればいいかな、いやもうお歳暮だわ。

 

 

口上はあともう一歩、技術は実践不足の為条件付きの合格となったものの目を見張ったのは口上ね。あんなに言葉がもつれてカミカミカミカミなのにスラスラ話してて、うっかり噛むとかありそうなもののそれも甘噛み程度で切り抜けたことにすごい違和感 驚きを覚えまして、緊張してるはずなのによう頑張ったなあ…と。

このチャレンジの後からだと思うんだけど格段に滑舌よくなったし饒舌になったと思いませんか???キスブサとかで長セリフ言ったり何かを説明したりするのに言葉がちゃんと纏まってて話が伝わりやすくなったなぁって何気なく思った瞬間がありました。

あと、お腹から声出してるこの人‼︎って思った瞬間もありまして。発声法まで変わったのかと泣きそうになりました。

 


私が好きになってから本当に数々のチャレンジをしている所をTVや雑誌の企画などで追って見せてもらえて…ファンになれてすごく幸せなんですが、その度に何かをちゃんと掴んで自分の糧にしてキラキラ活躍してる所を見ると次はどんなことをするんだろうなと期待せずにもいられません。素直で何やってもすぐパパっと出来てしまうパーフェクトな人なら私は多分惹かれていない。私天邪鬼だしスマートな人タイプじゃないんだわ←

 

 

辛辣なご意見も目にしましたが頑張ったことに対して頑張ったね、よかったねって一声掛けるのすら御嫌でしたらせめてそっとしといてもらえませんかね。万が一コンサートで「マグロ解体ショー開催!」「1匹さばいてお客さんにもおすそ分け!」って言われた時に「あいつのさばいたものなんて食えるか!」って辞退してもらえるなら話は分かりました。



頑張ってるあなたは普段の100倍くらいかっこいいんです。カッコ悪くてもがむしゃらならそういうあなたが大好きなんです。

 

 

 

広告を非表示にする

2017.08.17 一夏の経験

2017.8.17夜 King's Treasure Travis Japan単独公演。

島出ド新規、何もわかっていない私が感じたトラジャとトラジャ担の本気を記憶のまま書き残したいと思います。


2015年に閉館した青山劇場で行われていたPLAYZONE公演。歴代の先輩たちが築いてきた伝統の公演で2012年トラジャは結成されました。PLAYZONEで行われた演目を、自分達で一部振りを付け直して演出監修、アウトプットするということは事前の雑誌のインタビューで予告されていた通りでPLAZONE公演を今までDVDですら見ていなかった私にとっては「ふ~ん」位の参考情報でしかありませんでした。

でも17日夜の単独最終公演に入るまでの間に見てきた3回のステージで、いかにこのPLAYZONEメドレーにメンバーもお客さんも力が入っているかがひしひしと伝わってきたし実際に自分の目で見て感じてみて、知らないのにどんどん世界に引き込まれていったのは確かでした。guysなんて初見だったのにめっちゃ自分の中でもテンションあがるの感じててダンスも、前に出てくるマンションも、はだけたシャツも全てがカッコ良くて何度見てもお腹いっぱいになることはなかった。いや、満たされてたけど「もっともっと!」って思ってました。


トラジャ担の印象はクリエとか見てきて声は小さめ控えめで意外と年齢層高めで落ち着いたお客さんが多くて大きな声で歓声上げるの苦手な人が多かったと思います。それがこの夜公演は今までの10倍位声が出てて、自分もまさか自然にコールしたり歓声上げたりすることになるなんて夢にも思ってなかった…。メンバーの名前恒例C&Rも、TJ-Calling(キスマイコーリングTJバージョン(丸パクリ)でコールする時も、ギンギラギンやアンコールの「トラジャ!」の掛け声も「こんなにみんな声出るもの??」って驚いたし自分も出してた。それだけこの時の雰囲気がそうさせた。あと、メンバーに応援してるよって気持ちを心からぶつけたかった。



夜公演は整理番号1,000番目前という番号。会場の位置決めも「自担がどうのより見える位置に」と思ってはじめましてのフォロワーさんと並んで入りました。同じ日に既に2公演見てるけどこれで終わっちゃうんだと思ったら寂しくて…。始まるまでずっとお話してて淋しさは少し紛れました。


始まった瞬間から今までの公演と熱量が違うのがすぐに分かりました。メンバーも単独終わるのが寂しそう。お客さんの声にも乗せられて今までよりずっとダンスはそろってて動きも激しい。

まず自分の中のスイッチがおかしくなったのは美勇人くんのソロ。Crazy about youは昼公演目まで完全ソロだったのにサビになって突然弟組が横からダッシュで来て美勇人くんのバックについたこと。最初回りが「え??」って声上げてて私もえ???ってなって何が何だかわからないまま白にしてたペンラを慌てて紫に戻しました。「今日単独最終日だから特別なんだなー」位に嬉しく思ってたんだけど雲行きが怪しい。

そっからのえるくんの曲聴いて、のえるソロから始まるAirAirはクリエで聞いて大好きになった曲。これもう聞けないのかなって思うと段々感傷的になってきてしまってかじんちゅのパート、一列でメンカラのバラを差し出された時になんかもう胸が苦しくなってしまって泣くことすらできなかった。雨のしめちゃんソロも、いつも全力なんだけど特に力が入っててマンションから見てた朝日くんの表情もすごく固くて…。

みんなが色々察してきてからのTJ-Callingは聞いたことのない声量での一体感ある声だし。カジリーグももうコーナーっていうかみんなしゃべり足りないのか完全にMCコーナーになってた。MCコーナーは別に普通だった気がするけど…。

It's BADはみんな力入れ過ぎだからちょっと落ち着けレベルで踊ってる手が硬直してた。終わりを察してのGuysはちゃかちゃんの「ラストの曲はぁぁぁぁぁあこれだぁぁぁぁ!」って大絶叫からの\ぎゃああああああ/。みんなわかってる癖に叫ばずにはいられない。
今までシャツをはだけてこなかった朝日くんがこの日は前ボタン全開でもう私ひっくり返る寸前。のえる、しーくん、みゅーと以外はみんなシャツのボタン全開。朝日くんはなんでか途中でボタン閉めたけど(笑)。ていうかうみんちゅ以外はみんな途中でボタン一つ締めたかな。

マンション出てからの1列ダンス。





…この子たち何者なの?



本来もうきっとパワーは残ってないんだろう。充電できるとしたらファンの声援。乱れたイヤモニやマイク、恰好なんて気にも留めずに何かに憑りつかれた様に一心不乱で7人が踊る姿は見ていて「もうやめて」って言いたくなる位明らかに誰もが燃料切れなんだけど、呼吸が合っているからダンスが乱れない。あんなに力任せに踊ってるのになんで?美しく泥だらけで儚くてパワーの塊ぶつけられてこちらが一息も付く暇を与えられなかった。トラジャって泥臭いグループだったっけ?ガムシャラに踊るグループだったっけ?
ダンスを見て感動して泣いたことは過去にも少なからずあったけど、呼吸機能を奪われ手足の自由を奪われ泣くことも許されない程の気迫を受け止めさせられたことって今までない。文章にしてしまうとどうしても陳腐な表現になってしまってあの場の空気を真空パックして開封しない限り伝わらないんだけどこの空気は絶対忘れられないし忘れたくない。7人があのステージに立ってた、あのフォーメーションで踊っていた、お客さんの歓声をパワーにして全力で踊ってた、って事実は脳内に刻印しておきたい。


本編が終わって泣いてるお客さんが多数で、その意味ってただよかった、感動したの涙じゃなくて白のペンライトにしている人達が主に泣き崩れている意味をようやく悟ることになってこれはただの単独最終公演じゃないんだって…思いたくないけどうっすら感じていました。


Don’t You Get Itはいつも通り楽しく。

Wアンコ、挨拶で終わるかと思ったら(それでも十分だったけど)ちゃかちゃんが「俺達と言えば、アレ。やっちゃいますか???」って背中見せて立ち位置に。何を?って思ってたら普通にフォーメーション組みだして「お、踊るの???」ってどよめく客席を無視してSupernova。元々スパノバってすごい運動量でジャンプも多いしフォーメーションもかなり移動するしでこれを全編終わった後に準備してやろうとしてたトラジャさん達ってホントどこの超人ですか???しかもこれも今まで見たスパノバの中でMAXだし全身全霊で振り絞ってやってくれて見てるこっちの頭がおかしくなる。何だか生き急いでる風にしか見えなかった。でもやっぱりそれでもかっこよくて輝いててあー、この人達プロなんだって思わせてくれた。


1~2分位のトラジャコールの後、トリプルアンコールで出て来てくれました。ここからがもう一山、精神崩壊させられる。一人づつ挨拶していくことになるんだけど、うみくんが完全に電池切れでへたり込んでしまっていて、みんなに発破掛けられるんだけどそこからがもう…立ち上がったかと思いきや応援団スタイルで叫ぶ。


\トラジャが好きかー?/
\ホントに好きかー?/
\ついてこれるかー!/
\そのままでいてくれーーーー/

その後朝日くんはマイク切って「本当にみんな…\ありがとーーーー!!!/」って地声で。みゅーとくんが奇跡の公演だって言ったあとにラストちゃかちゃんに振ったんだけどちゃかちゃんはただ後ずさり。一言ありがとう、って言うんだけどやっぱり口をつぐんでしまう。モニターに大きく顔を映し出されるんだけどどんどん表情が崩れていく。みゅーとくんが「ちゃかちゃん引っ張ってってくれたもんね」って左腕大きく広げてちゃかちゃんを列に戻そうとするんだけど、また後ろに下がってしまって。まさかちゃかちゃんが真っ先にこうなるとは私は思ってなくて驚いてしまって。それにずっとけらけら笑ってた朝日くんがこの辺りから真顔になってるのを見つけてしまって、私はちゃんと見てなかったけどこの時のえるくんがもうダメだったんだね。タオルで顔隠してたっていうの見て隣にいたあさひくんが真顔になったのはそれが原因だったんだなって。

私はずっと美勇人くんの表情を見てた。必要以上になんども前髪かき上げてて、あっこれは…って思ったけど多分最後まで耐えてた。でも目と鼻の周りがどんどん赤くなってたのは確か。ギリギリだったんだろうけど自分が泣いたらダメだって思いとどまってたんだと思う。

最後、みんながさらっとはけようとしたところにうみくんが「俺たちが~ってやらないの?(やろうよ?)」って引き留めてもうここでもうみんちゅ最高じゃぱんだったんだけど最初のアンコールでの終わり方(横1列挨拶)ではなく半分円陣組んで7人手を重ねて「俺たちがー?」\とらびすじゃぱーん/って手を上げて。お客さんも手を上げて。
朝日くんが「ここで銀テープぱーん!飛ぶんだけどねっ」ってかわいく言ってた。


さ い こ う か。



こんな終わり方あるか。


トラジャってさ、MCもそうだし普段の発言も全員とっちらかして片づけられない人が9割なんだけど踊って黙らせることが出来る唯一のグループだと思うんだよね。普段緩すぎて心配になるくらいなんだけどファンの声があったらあからさまに頑張れるグループだってわかったし気合い入ったら呼吸もさせてくれないパフォーマンスするんだって知ったらとんだ玄人集団だなって思う。


7人で、いつまでも頑張ってほしいってどうして今大声でいうことが出来ないのだろう。白いペンライト持った子たちの想いが重すぎて感動したって結果で終われない。私がトラジャってグループを知った時、ちょうど1人いなくなった直後(抜けたかどうかも不明な時)だった。何も知らないからナーバスな時期に普通にお友達に聞いてしまったりもした。そしてトラジャを好きになった直後、というか全員の顔と名前が一致し終わった後もう1人いなくなった。最後の1人になってもTravis Japanに残るといった彼は今どのような心境なのだろう。

しってるよ、大人の事情だってこと。彼の意思じゃないだろうこと。でも同じグループで2度も3度も味わっていいことではないんだよ。。本当はアイランド→ZEPPが終わったらしれっと7人に戻ってるんじゃないかとも私は思ってます。思いたいんです。今は思わせてください。担当でもないのにすみません。
みんなの鬼気迫るほどの気迫が何を表しているのかはあまり考えないようにします。



こんなにすごいグループを表だって応援していくことにとても気が引けてしまうのですがもうずっと頭の中は支配されっぱなしです。
感想文で終わってしまったけど朝日くんの進化が止まらないこともお伝えしたいです。ポテンシャル高すぎ。そして知れば知るほど男らしくて優しくてかっこいい。スパノバの「ミ・アモーレ」で自らシャツはだけさせた瞬間この人男の人だって思ったし自分でも出したことない声勝手に出ちゃったことは書き残しておきます。私まだ黄色い声出るんだわ。だから番協呼んで?←話が変わった



Travis Japanを好きになれてよかった。このEXを経験できる時期に好きでよかった。



広告を非表示にする

King's treasure〜トラジャ単独公演の巻〜

今年の1月、朝日くんを応援しよう♪と気楽に決めた気持ちは2017年8月17日時点でどこかに吹き飛んでしまいました。


EXシアター King's Treasure Travis Japan単独公演。特に最終公演は伝説になったと言っても過言じゃない位の熱量を浴びて帰ってきました。
どこから書き残して行けばいいかわからないし、レポではなく感想文になってしまいますがお付き合いください。


8月15日の初回公演にまず足を運びました。指定席だったのでまずはこの後入るスタンディングの予習が出来てすごくうれしかったです。しかし、この時点ではド新規の私にとって割ときついセットリストのオンパレードでプレゾン曲中心の為知らない曲がちょくちょく。もちろんダンスを堪能するのに演目を知ってるかどうかは必須じゃないので楽しめたのですが回顧できる思い出もなく「楽しかった」「やっぱりダンスすごかった」で終わりました。この時点ではこれなら入れなかった公演があっても別に後悔しないのかも、という気持ち。


16日は元々仕事のため丸々入りませんでした。レポだけ見てたらやっぱり楽しそうだな~という感想のみ。早く明日にならないかな、なんて思いながら。


17日朝。スタンディングの整理番号が割と早めだったのでわくわくしながら並びました。一緒に入ったのがうみ担さんだったので希望の立ち位置がお互い違って中に入ったら下手と上手に分かれました。早めと言ってもすごい早かったわけではないのになんと上手最前がぽっかり空いてましてEX初の最前GETでした。MCとかはきっと朝日くんの立ち位置と逆サイドになることはわかっていたけど仮面舞踏会のX.T.Cは生で見ないと死ねない←。そう思ってたら0ズレ、とまでは行かないけど朝日くんの左太もも最前(?)で結局死にました。読んで字のごとく目の前で自担に腰振られた時の気持ちが分かりますか???そっからの記憶がありません。え?まだ2曲目です。ホワイトアウトしました。いや、朝日くん白いお衣裳だったからね。ヤバいの一言で片づけたくないけどボキャブラリーが貧祖な上にホワイトアウトのせいで全く感想が出てこない。さらにウィンクのファンサまで頂きこれぞTHE・朝日のフルコース。

他に記憶にかすかにあるのはMC中の立ち位置とかステージ前ギリギリで踊る時の最上手はのえるくんだったことが多くずっと美しいお姿を目に焼き付けていました。うなじから見える短い黒髪(ここは染まってない部分なので)が「のえる様も生きてるんだな」って思わせてくれて。あと目の前にちゃかちゃんが来ることも多かったけど、前から後ろまでちゃんと目をやっていて仕事人だなと思いました。ていうかカッコいい。
あとすごいな、と思ったのは私の斜め後ろ(ステージセンターを見る時は斜めになるので私の視界に入る)にいたしめ担さん。多分周りに他にしめ担さんいなかったと思います。下手にしめちゃんが来た時しめちゃんが必ずその子ロックオンでファンサしてまして、あれはすっごい幸せだろうな~って見ててこっちがほっこりしました。あんなにしめちゃんに見つめられたら壊れる。


お昼の部は真ん中の段差を上って3列目の場所。最初これもお友達と離れて見る予定だったのだけどのえる担のお友達が「やっぱりこっちで見る」と後から私の方に合流。前の前の人がキンブレ3本持ちで高々と上げるのでイラっとしましたが大体は視界良好。
朝のMCで朝日くんが「二階堂くんに声掛けたのに今の所来てくれてない~」って言ってて「あの人暇でしょ?」という暴言まで吐いたのが布石だったのか、なんとお昼の回にニカちゃん見学降臨。まさか!!!お友達が「よかったねー!朝日くんきっと喜ぶだろうねー楽しくなるねー!」って言ってくれて私のテンションもMAX。そしたらホントに朝日くんのテンション高かった(笑)。首ひねるダンスとか前歯出る回数が断然増えてて張り切ってるんだな~って。
ニカちゃんは終始恥ずかしそうにしてて、バルコにトラジャのメンバーが来てイジられたりするのが嫌っていうかすっごい照れててここはノるべきじゃない??って思ったけど「いいね!」でマイク持たされて踊らされた時はもう覚悟決めてた感じだった(笑)。朝日くんがニカちゃんと横並びでカメラに抜かれた時、2人ともたまたますごいいい笑顔で幸せになりました。MCでも度々キスマイの話やニカちゃんの話になってツアー中の小話(広島でジャージャー麺食べた時ニカちゃんに辛いの勧められて(辛いの入れられたのかな?)言われるがままに食べたら翌日の公演お腹痛くって、AAOで腕挙げたらちょっと前かがみになってた話とか)聞けて朝日担として本当に素晴らしい回に入れました。


ここまでは本当にただ「楽しかった~」「近くで見れた!」「ニカちゃん来てよかった~」って純粋に楽しんでたんだけど、夜公演になって自分の気持ちも回りの空気も今までとは全く違う公演になっていきました。正直、こんなことになるとは思ってもみなくて今、ホントに戸惑っています。
こんなに引きずると思わなかったし今まで私はトラジャをなめてたのかもしれないと思った。

夜公演は長くなりそうなので別記事にします。



円の中の感想

初めてアリーナ席の円の中(伝われ)に入った感想を。
ひとつ前の記事でどういう経緯でそこに入ることになったのかを余すとこなくお伝えしましたがその席から何がどう見えたか、思いだせる限りメモ書きで書き残していきます。あまりの興奮具合に正直覚えてないというのが感想ですが。


・ブロックが閉まる10分前にスタッフさんが来て開演後にトイレに行けるタイミングを説明してくれる。決められた2回のみ、7分以内なので今のうちに出来るだけ行っておけと口酸っぱく言われる。ちなみにアリーナ円の中の席は「池中」と呼ばれるそうだ。
・とにかく双眼鏡は一切不要。当たり前なんだけど本当に見たい細かいところまで丸見えなので思った以上にいらない。あとはきっと向こうから丸見えなので目なんて合ったら恥ずかしくてヤバい。
・どこ見ていいかわからない。前向けばメインステージなんだけど後ろ向いたらすぐ花道なのでメインステージの自担より物理的に近い後ろの花道の名も知らないJr.くん見てたりした。
・スタンドに主に手を振る人、まんべんなく手を振る人、アリーナの自分のうちわ探す人などメンバーによって見てる所が違うのが分かって面白い。
・ガイシに限りますがスタンド上段までうちわの文字見えます。人の顔もスタンド中段~上段位まで割とはっきり見えます。
・リフターを動かすスタッフさんは手動でボタンを押して上げ下げしていて曲のタイミングと周りのリフターのタイミングを見てボタンを押している。
・池中ブロック(客席)後方と花道の間にSEVEN WISHESや運命Girlなどで使うセットが隠されている。出す順番になるとスタッフさんが暗幕を捲し上げて花道脇の階段まで持って行きJr.くんたちが階段までとりにくる。
・もちろんだけど開演前に携帯のカメラモード起動させてるとスタッフさんが秒ですっとんでくる。



以下、曲中レポです。

Overture⇒EXPLODE
みゅーとくんの細い腕が青白くくっきり。旗重たいのか冷静なフリして表情は時折くいしばってます。前日に髪型が葉加瀬たろ尾さんだと散々笑われてた横尾さんですが、舞台に登場した時葉加瀬なんていなかった。気高いコモンドール(犬)っぽいいでたちで目から上は完全に隠れている。これはこれでかなりカッコいいのだ。たまちゃんは他の人より一歩前に出てるのかステージの淵ギリギリまで来る。ファンサしてるわけではなく。
ふと後ろも気にすると数m先に朝日くんが!こちらから見ると背中を見る感じですがもう上腕二頭筋がギラついててなんかもうありがたい。拝んでおいた。一人だけマッスルミュージカルに出てそう。なんていうんだろう、あらわになった両肩を至近距離で見るのはちょっと照れるんだよね。他の人はそう思わないのに。

Tonight⇒横尾さんの♪ぶんぶんぶ~ん ツナイザナイ~の腰ふりを肉眼で拝めました。これは興奮するよ。想像を絶するね(何が)

FIRE BEAT⇒まさか私の背後に横尾さんが立つ日が来るなんてもう自分でも何言ってるかわかんないけどとにかく真後ろの花道に横尾さんが来て私の真後ろ?真ん前?の位置に立たれました。♪3,2,1でそこで首振ったんですよ奥さん!!!右手を床に着いて顔はきついのかちょっと歪んでて…ってそれを横尾さんの脚の間からさかさまの顔を私拝んだんですよ???意味不明でしょ?花道は私の胸の高さ位だったのでその位置だと私の顔は横尾さんのふくらはぎ位の高さなんですね。ちょっと足開いて腰まげて頭ぶんぶんされたらそりゃ股の間から顔見えますよね。着いた右腕の裏側はそれは細くてはかなくて…。夢のような企画(企画ものじゃない)でした。

Bang!Bang!BURN!⇒これは花道のしめちゃんを見てました。真後ろだったので(確か)。相変わらずめっちゃお顔綺麗。基本に忠実なダンスだね。キレキレなんだけど基礎の基礎を大事にしてる動き。あんまり客席見てません。

VersuS⇒横尾さんの和服もいいんだけどメインステージのしずやくんがすっごく華麗でなぜかそっちに目を奪われました。白の肩出し和服めちゃくちゃ素敵。のえみゅももちろんなんだけどなんかしずやくんに目が行くんです。朝日くんも目で追ってたのですが確か遠かったのかな。何かにさえぎられて見てなかった気が。

運命Girl・WANNA BEEEE!!!→Sha la la☆Summer Time⇒花道に来たたまちゃんを見てたのですが電飾付のローラーってあれ無線かなんか飛ばして受信機だけ持って、ローラー自体に電源仕込んであるのかな?と思ったら自分で電源背負ってて腰についた電源が直接ローラーにつながってるのね。腰からパンツに沿って電源の線が付いててそのままローラーにつながってました。汗かいたら感電したりしないのかな…?
あとね、この曲の時だったんですが…横尾さんが私の目の前で止まったんですよ。この前にも何回か横尾さんの団扇見てもらったのは気づいてたんだけど目の前でこっち向いて止まってくれたのはこの曲が初めてで。息止まりましたよね。目が合ってるんだもん。手を振ったりキャー!って言ったり出来ない性分なのでうちわ握りしめてじっと見てたら「うん」って一つ静かにうなずいてさーっと去って行きました…失神。膝がくがく。めっちゃくちゃかっこいい(陳腐な言葉しか出てこない自分を悔やむ)。あんなファンサ二度ともらえない。

Shalala☆Summer Time→SEVEN WISHES⇒目の前が朝日くんとみっくんのお着替え場でなんて私得!最初シャワーをセッティングしたのが森継くんでその後エアシャワーしてたのがほほえましかった。みっくんが両腕を後ろに上げると後下からすっと赤のジャケットを着せる朝日くん。その後流れの中ですごくさりげなくマイクをみっくんに渡すんだけど渡すその一瞬だけ変顔したんだけど!!!アゴ出さないの!!一体誰に向かってやってるのそれ(笑)。みっくん見てないからな???
あと、うみんちゅくんのバンダナはなんなのあれ。頭のてっぺんでリボン結びしてるんだけど下の方はヘアバンド風というよりちょっと幅広になっているのでおたふく風邪なのかおにぎりなのかもうとにかくかわいいから連れて帰りたい。

MC⇒千ちゃんがこっちむいて手羽先食べてくれた。ちなみに肉眼で手羽先の2本の骨がわかりました。お手手てっかてか。私の位置からだとわたたいが完全に奥に行ってしまっててあんまり見えてません。つねに宮玉見てる感じでした。ごちそうさまでした。とにかくたまちゃんが美しい。スタイル良すぎて目が釘付け。足細いし背中広いし適度な肉付き…全身陶器みたいだった。


Travis Japan⇒トラジャのダンスの場合一人一人を見るというよりはフォーメーションを見たいのでもっと引きで見てもいいのかなと思ったけど迫力は抜群。今迄はそこまで思わなかったんだけど360℃ステージ用のフォーメーションに改めて感服。これは強みでしかない。くるくる変わる正面でどの位置からも表情からつま先までみんなの様子が確認出来る。あとね、玉虫色の衣装やっぱ勝訴。360℃どこからも光って色も多彩に見えて今までそこまで近くで見てなかった分感動も大きかったです。あと朝日くんの重量感半端ないから。So Crazyは今回ねっとり感少な目だったかな…。ミ・アモーレもさらっと。

君のいる世界⇒目の前にリフターがあって、誰かな誰かな?って思ってたら千ちゃんでした。登っちゃうと白い幕しか見えないのでちょっと遠くのガヤさん眺めてました。

MU-CHU-DE 恋してる⇒初めて真正面から間近で最後のハートを見届けられました!千ちゃんがキラッキラの笑顔に対して隣のニカちゃんが真顔だったのがツボ。

One Kiss⇒正面たまちゃんだったんだけど歌いながらもおっとっと感出しててちょっと面白かった。近くで見ても仕組みはよくわかりませんでした。

Everybody Go⇒花道にて、私から見て左奥にのえるくん、目の前にちゃかちゃんがいたのですが2人ともめっちゃくちゃ真剣に踊ってるところに横尾さんがやって来まして。のえるくんの所はじゃまにならない様にうまく通過したもののたまたまちゃかちゃんの振りが大きく動く振りだったもんだから横尾さんが通過するタイミングを失ってて、しばらくちゃかちゃんの横に突っ立ってました。行こう、と思ったら行けなくてタイミング図ってる横尾さんがめちゃくちゃ奇妙な動きしてて面白かった。大縄飛びに今から入ります、位の動き。

Thank youじゃん!⇒ようやく目の前に朝日くんがぁぁぁ!ウエスト細くできなくて、であんまりねっとりしてなくて残念(ここはまだ距離があった)。多分私の視線の先にいたしーくんの方がねっとりしてた。目の前の花道に来てくれた時にじっと朝日うちわ胸に構えながら下から見上げてたから多分怖かったと思う(笑)。でも完全に目が合ってた。途中でウィンク2回。はい、昇天。。。指差すとか手を振るファンサじゃないんですぜ?ウィンクですってよ。あの子いくつなんだよホントに。ていうかあれはあかんわ。忘れられなくなっちゃうじゃん、好き。


お隣のガヤ担さんはニカちゃん、ガヤさん、みゅーとくんにがっちりファンサもらってて見てた私もすっごい幸せでした。さらに私の隣にいた藤北担の花冠お嬢様方もちゃんとファンサもらってたみたいで二人とも公演後に号泣してました。もうみんなが幸せになれる席。わかってはいたけど想像をはるかに超えてくる。無我夢中で見ていました。

今回本当に幸運にもアリーナ席に入ることが出来て感謝しかないです。自分の力ではないし偶然にもお譲り頂けたチケット。きっともう2度とない。土下座してお礼してももう余りあるお席…。素敵な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

広告を非表示にする

キセキを信じて

お久しぶりの更新になりました。


とにかく6/22は「こんなことってあるの??」って位朝から晩まで神がかっていたことだけ自分の中に残しておきたくて記録用に書いておきます。誰得な記事です。


【キスマイ名古屋参加までの道のり】
お仕事をしているので平日に丸々一日お休みを頂くのはこの所難しかったのですが来月からの激務前にみんなで交代で休もうという話が浮上。あれ?これ名古屋行けちゃう??と頭をよぎる。ゆるくチケットを探し始めるも全くお譲りが出回らない。平日なのにおかしいな。広島終わってから交換できなかった人がお譲り出すかな?→出てこない 直前になればあるかな?→ない ちょっと焦りつつも休みは確保。向こうに行ってしまえばギリギリまでチケット探しが出来る。なくてもまあ名古屋うろうろして帰ればいいか。と。とはいえやっぱり躍起になってしまい毎日毎晩携帯で検索かけまくりで寝不足気味にも…。本当にお譲りツイがなくてだいぶ諦めかけていました。


6/20
職場の飲みで帰りが遅くなる。ふらふらしながら帰ってきてTLも十分に追わないまま画面を開くと1通のお知らせ。名古屋、定価+手数料でよかったらいかがですか?と…一瞬にしてシャキッとしたよね。何回画面確認したことか…。チケット探しを手伝ってくれていたお友達にキセキが起きたことを伝えるとみんなすごく喜んでくれた。ありがとう。


6/21
当初21日のチケットも候補に入れて探していたので状況によっては仕事早く切り上げて行こうとしていたけど、もう翌日のチケットだけで十分だったので午後から名古屋に入ろうとするも新幹線が悪天候で遅れに遅れているとのこと…自分の乗る新幹線は幸運なことに15分遅れで済んだので(その前後の新幹線は30分以上遅れていた)無事に到着。ただし職場(名古屋)の飲みで午前様。寝たのは2時過ぎ・・・



【6/22(名古屋公演当日)】
チケットをお譲り頂く方(Aさんとします)は私が不安に思っているのを察してかこまめに連絡下さる方で、当日もすんなりお会いできました。事前情報で同い年と聞いていてとても話しやすい方だし私もテンションあがっていたので駅から会場までの間でしゃべり倒してしまい一瞬反省。会場前に着いて、デジチケ管理番号のアルファベットがアリーナ入り口の番号だと知り絶句。いや、今まで他の会場は全部ランダムでアリーナから入ってもスタンドに上げられたりスタンドから入ってもアリーナに下りたりと席が出るまでわからない状態だったので私はまだ信じていませんでした。が、話を聞く限り前日はアリーナから入ったらアリーナだったようなので否が応にも期待が高まってしまいます。落ち着け、落ち着け。

そう自分に言い聞かせてたつもりが入場列に向かう最中で全く落ち着けなくなる出来事が発生しました。


「夜はどうされるんですか?」「…チケット探していたんですけど見つからないんでもう諦めました(笑)」
「よかったら…」「えっ?」「夜も実はチケットあるんです。よかったらどうですか?」


「えっえっえっ×10」

もう大パニックの私。



私とまず会ってみてどんな人なのか見てから夜も譲ろうと思っていたみたいで(すごく慎重な方)ここで声を掛けて頂いて。そりゃそうだ。私だって同じ状況ならきっとそうする。気が合わなさそうな人、テンションが違い過ぎる人と昼も夜も一緒にいるのは疲れてしまう。
もう私涙目。というか泣いてた。思い出すだけで今も泣ける。


「うそでしょ???」「もう是非」「うわーーーん(涙)ありがどうございまずぅぅ」


入場列に並びながらどこか冷静になり、そうだ、チケット代!お支払しようと思ったら当然1公演分のチケット代しか封筒に用意してないから慌ててお財布から追加分を出す私(笑)←残金3千円位だわ(笑)。当然バタバタしているので「中に入ってからでいいですよ」と言われたのですごすご仕舞う。そうこうしているうちに列も進み、いよいよ発券。……アリーナの文字にわっとなるがアルファベット見て、Aさんが固まった。
「これって…もしかして…」


『GHJKブロックは開演10分前までにお席にお入りください』って書いてある張り紙を今までの会場で見てきたけど、まさか自分がそれに該当する日が来るなんて思いもしなかったし「トイレ並んでたら戻るの大変だね~」なんて呑気に話したことがあったことも若干頭の片隅にある程度。。
あのステージと外周を結ぶ円の中のブロックがチケットに記載されていました。実際に座席図のボードの前まで行って改めて絶句。まじかよ。震える手。お互い顔を見合わせます。そしてまた涙目になる私。うそでしょ…


席に着く前に、何はともあれ大事なトイレ。並びながら「ヤバいです」をお互い連呼。ここだけ聞いてたら周りの人はこの2人よっぽどトイレ我慢ならないのかと思われてたかもしれないけども。
席に行くまでにも足が緊張してうまく動かない。転ばない様に席につくとブロックの一番後ろの角の席…すなわち背中と後の花道の距離は1mない…ぢょっど待っでごんなのぎいでないぅぐぐぐ ここに横尾さんや朝日くんが来ると思ったらなんていうかもう天国っていうか地獄??とにかく待ってる間喉がカラカラ、リップを何回塗り直しても渇きは癒えないし目もかすんでくるので目薬5回位さしてみた。

もういっそ始まらないで欲しいという願いもむなしくあっという間に開演です。



~この神席、いや仏様席から何が見えたかは別の記事に~


1部が終わると外は大混雑。駅に行くにも中に入るのにえらく時間が掛かる。名古屋に戻ってると2部まで時間がないので逆方向に向かってサクッとご飯を食べることに。そうしている間にAさんから実は夜の部のチケットがあと2枚残っているという話を聞いてしまう。2部の開演まであと1時間ちょっとしかない。慎重にお譲りする人を選びすぎてここまで来てしまったとのことだが、さっきお声かけした方から返事がまだ来ないとのこと。逆に焦る。一旦声を掛けてしまった以上、今更他の人に声を掛ける訳に行かない。ご飯食べながら返事が来るのをひたすら待つもAさんはご飯が喉を通らない。でも夜まで長いから何か食べないと…と言いかけた所お相手の方からお返事が!そこからやり取りが始まってしまった為Aさんはご飯を食べられず仕舞い。しかし開演も迫っているのでそのまま会場に向かう。

お譲りする方をちょっとうろうろ探して(この時点でもう開演20分前位)、無事それっぽい方を発見。お譲りする方達は直前のまさかの出来事すぎて騙されてるんじゃないか位恐る恐る確認してくるもののそのうち「急いでとりあえず入りましょう!」と促された途端ほっとされてお二方とも泣き出す。そうだよね、うんうん私も泣いたよ。神様女神様仏様だよね。「もう入れないと思ってました~」そうだよね私も諦めてたよ。。。
私がお譲りする訳ではないのでちょっと引いた感じでやりとりを見てたのですがAさんとはすっかり仲良しだったので「私も譲ってもらった立場なのでお気持ちよくわかります」と言ったら「え???元からの知り合いじゃないんですか??仲良さそうに見えたんで!」と言われる。お二人が嬉しがって泣いてると私も譲ってもらった時の気持ちを思い出してもらい泣きしてしまう。横を見るとAさんももらい泣き。女神様っているんです。


今度はスタンドのお席、でも死角のない席だったので全部が良く見える。今迄入ったことのない角度のお席だったのでまたも有難すぎる…。今回お譲りした(って私が譲ったわけじゃない)お二方はガヤ担さんで(私が横尾担だと名乗ったら「いつもわたたいでお世話になってます」と言われてツボった)Aさんもガヤ担さん。
…名古屋の2部、何が起きたかご存知ですよね。そう、(胸の中)ガヤさんのサプライズバースデーがっ!!!私の隣3連ガヤ担さんですよ。そりゃもう大喜びで私まで嬉しくなっちゃって一瞬私ガヤ担だったかな?って錯覚した程ガヤさんしか見てない瞬間あったよね。こんな貴重な瞬間に入れて本当に感謝しかなくてこんなに良い思いして私明日死ぬのかなって思いましたけど今無事に生きてますよ。

その後のえるくんが私の真横の通路にかくれんぼで現れて「近い!近い!」ってなったりさっきは良く見えなかったみっくんと朝日くんの絡みが見えたり、完全に横尾席でリフターもタップも目の前の席でなんかもうこんなことって二度とないフルコンボ


ガヤさんのバースデーがあり時間が伸びてしまったので帰りの足が気になり、十分にAさんにお礼を述べて終わってすぐ慌てて会場を出てきてしまいました。当初2部に入れると思ってなかったので、前もって取っていた交通手段の予約を1部と2部の間で端末叩いて遅らせたのですがこれがまたとんでもない偶然を生み出してしまい自分が怖すぎて震えました。。


会場で会えなかったお友達に会うべく帰る前にとある場所で待ち合わせをしたのですが、2人でコーヒーを買ってしゃべりながらエスカレーターに乗ろうとした所目の前に集団がいて先に行かせました。

・・・・????まって見覚えのある顔!!!!
具体的に誰とはいいませんがさっきステージにいた人達が目の前にっていうかエスカレーター一緒に乗ってますけども…なんなのこれ夢なんでしょそうなんでしょ???思わずお友達と腕を組んでしまい(ちなみにこのお友達とは今回が初めまして)どうするこれ???状態。いやどうもしませんけど。


これ、一日で起こった事件なんですよ全部。わかります?ここにバカ正直に書く位なのでもちろんチケットを定価以上でお譲り頂いたことは一切なく中に入ってから席交換したとかも一切なく、帰りに遭遇してしまった話も待ち伏せとか一切してません。やましいことがあったらここに記録として書きません。これが全てで、盛ったりまずい話をカットしたとかもないですよ!
でもこれ信じられます?私が一番信じられません。こんなことってあるんだな…って。Aさんにもお伝えしましたが盆と正月と祭りがいっぺんに来たってこのことなんだな。意味わかんない。多分この後の人生でここまでのフルコンボはもうないと思います。だってこれ以上何があるの???おみくじ100回引いて99回大吉レベルに値するよ(たとえが貧祖)。


わたくしごとだけど来月から仕事の環境が変わって身動きとりにくくなるのとつらいことしか待ち構えてなくて心底今からしんどいんだけどその分先に楽しみやるからあとは頑張れって神様が言ってくれたのかな?と思います。私はAさんに感謝してもしきれないし一緒に2部入ったガヤ担さん達と一緒に楽しめたので罰が当たらないようにこれまでより一層品行方正に生きて行こうと思います。


女神様はどこかにいる。だから高いお金出したり人を貶めたり傷付けたりするようなツイートしたりして後ろめたいことはしないで女神様が現れるのを待った方がいい。時には来ないかもしれない。でもその時は潔く諦めよう。引き際も大事。常にいろんな人に感謝して生きていきます。
広告を非表示にする