ORANGE diary

日常のファンタジーへと

ハッピーニューイヤーアイランド振り返り1幕

いまさらですがハピアイの振り返りを。

 

無事に千秋楽を迎えた様で、何事もなく本当によかった~~~

 

 


 

 

・・・ってならなかったよ!!!!

 

まさかだよ!!!

 


最後の最後に自担不在ってどういうこと???

しかもインフルなのか盲腸なのかってどちらも結構そこそこ重いよ!もう帝劇アイランド3公演連続ハプニング続きだよ…そろそろトラジャ担に安息を与えておくれよ。私が千秋楽入ってないから感覚掴めないけど空の5Stars回ってたってむなしすぎない?フライングもしめんちゅ組だけとか、トラジャの見せ場半減しちゃったのでは…。あんまり書きすぎるとしーくん責めることになっちゃうから書かないけど、体調管理だけはみんなガンバろう?…って言いたいけど盲腸だったとしたらもうどうにもならないよね。さぞかし悔しかっただろうなぁ。追いつめる様なこと書いといてなんだけどあんまり自分のこと責めないようにね。あれ、手遅れか…。

 



さて、情緒不安定ではありますが過去を振り返りたいと思います()

 

 

1幕】

オープニングマンション、立ち位置は上手から2人目最上段。どこの席にいてもぎりぎり見切れなくてよかった。その後2段目最下手に移動。移動中、最上手にいる慎太郎君や隣の北斗くんとはあまり絡まずたまに大我くんと目を合わせてにっこり。

各グループのオリ曲メドレー中、HiHiJetのバックから登場し樹くんとお戯れになる。その後DWMをグレードアップバージョンのオレンジ衣装でレッツダンスWith me。あ、トラジャいないけどすのさんのBoogie Woogie Babyの振りが好きです。顕嵐君がいない時のCALLでオーマイガッの代わりに「あらんは体調不良です!」って叫んだ安井くんあっぱれ。

 

 

KINGの挨拶、Princeのマジック、すとんずの早着替え、Snow Manのステッキ?とイリュージョンなどを経てトラジャのフライング!(らぶのSatisfacion演奏中)フライングに夢中になりすぎてらぶが何やってるか全く知らなかったし曲も誰かのレポ見るまで何演奏してるか知らなかったしなんなら勝手にCALLだと思ってた()。下手にしずちか、上手はしめんちゅ。ちゃかちゃんがしーくんの補助を行い最後までお手手つないでしーくんを空に放つ。手をつないでいる間はなんの演出か二人とも上下で顔を合わせて見つめあう。同じことをしめんちゅもやってるんだろうけど、私は1度も上手に入らなかったので細かいことはわからないの…残念。ていうかよく重量級のしーくんフライングさせようと思ったね。ありがたやありがたや。しーくんとうみちゃんが空中にいる間はちゃかちゃんとしめちゃんが前にきてさくらんぼフライングをします。割とハピアイ中盤の日程まで安定してなくって、フライングって難しいんだなって思いました。キンプリさんたちすごいんだね。…でのえるくんは?っていうと舞台の上手上空から下手手前くらいまでくるくるでんぐり返りながらフライング移動していきます。舞台の本当に上の方だから全然視界に入らなくてちら見しかできなかった><

フライングから5人が帰還したところでらぶさんの演奏〆に参加。大体しーくんは反っくり返ったみゅーとくんと絡んでたな。

 

 

ノイナは最初らぶとらはいなくって、舞台後方の階段の山(言い方雑)にその他のグループが固まって紅白の衣装でまず踊っています。その山が小さくなって高さがなくなりかけたときに上下手からお着替え終わったらぶとらが出てきて割と自由にフリーに動きます。閑也くんはここでも樹さんからちょっかいを出されて、私が見た時は大体樹くんがしーくんの下半身ロックオンでした。かわいそうに(いいぞもっとやれ)。

 

この後突然しょうくんの壁フライングがあって、その後「春の踊りはよーいやさー!」で太鼓の場面。マンションどセンは9(主にすのすと)で、そのすぐおとなり上手マンションの最下段で太鼓をたたいてます。真剣なお顔がなぜかかわいい。後にすすっとはけたあと、らぶさんがまずファンカッションで登場。その後ファンカッションが一列になりトラジャとJr.登場。閑也くんは主に上手にいて、徐々に真ん中→上手あたりに移動してきます。めまぐるしく変わるのでたまに目が追いつかなくなる…。黄色いお衣装がちょっとかわいい(基本かわいい)。しーくんは絶対に上半身と顔を動かさないでまっすぐ見据えたまま移動をくりかえします。すげぇの。

 

 

すのすとで刀の戦い(すの→青、すと→赤)開始、最後はらぶも参加。お互いが刀をキャッチしあうんだけどこれ結構練習したのでは?っていうくらい私は見ごたえあった気がする。

 

その後笑っちゃいけないタイタニック号、ヒンデンブルグ号と続きます。タイタニック号のバイオリンんちゅは永遠に語り継ぎたいかわいさで思わずゲラゲラ笑いたくなるのをぐっとこらえます。あまりのダメっぷりに1日だけのえるさんのチェロと立ち位置変わったらしいんだけどすぐ戻った理由が知りたい。どっかで話して。衝突したときに誰が誰と絡むかが楽しみの一つだったんだけど大体萌えたのはのえしずのぎゅっと感。のえるさんがしーくんの頭抱え込んだり腰に抱き着いたりでもうほんとかわいい…尊い…無理…

 

 

いつもの戦争シーンがありましてライフルも当然のごとく盛り込まれてますが今回突然の半裸Timeはなかったな…前回も唐突すぎてただの脱ぎたがりみたいな集団になってたけどさすがに意味がつながらないと思ったのかな。いや、今までもつながらなかったけど。ライフルは今回トラジャ5人のシーンがあって、さらにそのセンターがしーくんなんですよ!!!一人だけ高くライフル投げて目立つしかっこいいんだけど、私が見た数回で危なげなかったのは1回位だったなー。こっちからみて下手にライフル投げがちだしいつもおっとっとって感じだった。9月までのジャニアイライフルとか夢ハリのステッキとか、しーくん安定してた印象だったから今回夢ハリのステッキとかライフル落とすことが多くて「おや?」って思うことが。でも、雑誌のインタビューとかでセンターのライフル頑張ってたって書いてたからよかったねーーー!って親心のような気持ちになりました。激甘です。

 

 

そのあと、無理やりオリンピックにつながり(?)5輪を意識した5Stars5Rings。いずれも過去えびさん達がやってきた大仕掛けですね。それを5Starsをトラジャ、5Ringsをらぶが担当。5Ringsはごめんなさいほとんど見てなかった。顕嵐くん不在時に誰がやってるんだろうって思ってたまたまみたらさなぴでした。5Stars9月のジャニアイでもやってたね。その時はちゃかちゃんが円の外に出て歌ってて外枠と内枠が途中で入れ替わってたよね。

私、土台ジュニア大好きなんで結局どっちにしろ5Starsの外側にいて重しになってる人担当になるんだなーって思ったんですが。。。

今回外枠ののえるさんはとにかくやわらかくて片足だけブラんとさせてて、しーくんは頭と両足ごとエビぞりのごとく反っくり返って反動つけてました。命綱切れたら命ないレベル…毎度心配です。赤→しーくん、黄色→しめちゃん 黒→ちゃかちゃん、緑→うみんちゅ、青→のえるくんの衣装。ジャージに見えるけどジャケットに白のライン入れてるだけっぽい。

 

そのあとプリンスさん達の書道→すのすとバスケ→KINGのバトン(HiB)へ移行。これはなんのつながりなんだ???オリンピック?すのすとが途中で踊るBRAVE SOULが好きです(誰の歌かしりません教えて)


 

そしてこんな後半戦で突然の夢ハリ。5人の夢ハリだけどイントロを急に無所の子が歌いだします。これがまた上手いのなんの…歌ってるの誰???色々情報は見かけたのですが何が本当なのか、1幕最後でも同じように歌がうまい子が出てくるのですが同じ子なの???進化しすぎて付いていけてません。。小っちゃい子たちがバックを務めてくれてすごく豪華な夢ハリになっています。

これ6人でやった9月のジャニアイが結構フラッシュバックするような演出なのでここだけちょっと胸がギュッとなります。

 

HiBの出番があって、アクロバット選抜のブレイキンですね。ごめんなさい、正直アクロバット隊一回も見てない。ほんとに。のえるくんもすのも視界の片隅には入れてたけど基本的にマンションにいた応援隊見てました…ペンラ1本ふりふりしてるしーくんがめっかわだったけどそれ以上にパギヤと踊り狂うしめちゃんに心奪われてしまいました。

 


最後慎太郎くんがギャーギャー言ってる余韻もあるなか、通路から素敵な歌声が。今回2階に入ることが多くて通路で誰が歌ってるか知らなかったんだけど、1階に入った時にそれぞれの立ち位置確認。こういう歌選抜にわれらが宮近さんが選ばれるっていうのがうれしくってちゃかちゃんばっかり見てました(Milky Way)

 


Princeちゃんの描いた未来は9月の帝劇で見た時にすごく好きな曲になったのですが、デビュー発表あってから聴くとまたすごい感慨深くてデビュー出来て本当によかった、おめでとう!

 


トニトニ(明日に掛ける橋)はマーチングメインでフラッグ担当のトラジャにあまり見せ場はなく。その後LGTEでは青いスーツで登場し1幕ぬるっと終了。ぬるっとっていうのは一応〆として天井から各グループの垂れ幕が下りてくるんだけどその間も「君にこの歌を」がずっと流れててみんなで歌のリレーしてる映像が流れてるんですね。個人がアップになるのでどうしても見たいから幕間にお手洗い行きづらいっていうね…。しーくんは後半だったのでそれに気づいた次の回は猛ダッシュでお手洗い済ませて戻ってきて席でトラジャを確認しました。

 

君にこの歌をのタイトルわからなくて調べてて気づいたんだけど、これフォーリーブスの歌だったんだね!!!!(今知った)ジェシーが戦争行くときの歌だと思ってたよ←少年たち

この歌めちゃくちゃ好き。少年たちで歌われると無条件に泣いてたやつ。なのにしーくんがどのパート歌ってたか全く思い出せない!!!悔しい!!!笑顔でかわいく歌っててビジュアル花丸だったことに気を取られてしまった…。

 

 


2幕はまた次に。


(…9月のジャニアイで1幕だけ記事書き上げたのに、2幕は色々あって辛くて書けなくなっちゃったのが心残りなんだけどもう9月のことは振り返りたくないから書きません。)

 


Music colosseum映像作品 発売前の憂鬱


気持ちの持って行き場がないからここに吐き出します。

 

 

2017年のキスマイライブDVDが明日発売されます。キスマイ担でもあり、トラジャ担でもある私にとって絶対に忘れたくないコンサートの記録。コンサート中から既にすごくすごく映像作品の発売を楽しみにしてた。「キスマイもトラジャも見られる!」発売はきっと年内ぎりぎりか年明けかな~♪とか予想まで立ててた。なのに。自分の中の雲行きはどんどん怪しくなっていって発売が発表された日からずっと悶々としている。

 

 


 

事務所を辞めてしまった子は映像作品に映らないのではないか。

 


この答えは同じ経験をした諸先輩方から「カットされることはなくちゃんと映るよ」と教えてもらった。ちょっとほっとした。わかりやすくモザイク掛かってたりとかしたら映像作品を手に取ることをためらってしまうかもしれない、って思った。ま、そんなことはしないだろうけど。

 

 

でも。

 

絶対に本来もっともっと映るべきオフショットやメイキングでの映り込み、キスマイメンバーとの絡みはバッサリカットになるはず。キスマイメンバーに一番といっていいほど気に入られていた彼だから、もし変わらずメンバーでいてくれたら積極的に映像に映っていただろうし、なんならニカちゃんが強引に入れてくれたかもしれない。これは憶測でしかないし、あくまでバックで1Jr.でしかないから本当にそこまで映らなかったかもしれないけど、そんなのわかんないじゃん。前回のすのさんだって嬉しい位映ってたよ。特にみやっちのソロなんて演出の絡みもあったけどあべさくがっつりだったし。たらればで凹んでもしょうがないことなんて100も承知なんだけど、でも思わずにいられなかった。だって仙台のオーラスまではそんな未来1mmも想像してなくてどんな映り込みしてくるかな、ニカちゃんとの2ショット見たいなーとか楽しみにする材料しかなかったんだもん!!!

 


そりゃ美勇人くんのこともあるけど、彼はやめたわけじゃないから7人のトラジャとしての記録に残ってくれてむしろありがたいし切ないな…と思いながらも見ることはできる。アップだって映っても問題ないわけだし。

 

 

なんでこんな未来になってしまったのかな。楽しい気持ちで見たかった映像作品なのに急にまたテンションさがってしまった。

 


Explodeから始まるかっこいいオープニング、ぶっ飛んだコスプレ、感動したDream on、まーたThank youじゃんで銀テープかよwwwwって笑いたかった。横尾さんのVersuS、みっくんに食らいつく下駄ップは本当にかっこよかった。髪型アレだけど和装と相まっていい雰囲気だった。Seven Wishesはコンサートの時みっくんペアしか見てなかったからDVDでは横尾×のえるペアをちゃんと見よう、One Kissのイリュージョン、きっとDVD見ても仕組みわかんないんだろうな~とか…たっくさんのキスマイコンでの楽しみが、掛け持ちしていることによって切り離せなくなって楽しめなくなってしまった。

 

 

 

ちょっとフラゲで見た人たちの感想検索かけてみたらやっぱりアップにはならないしなるべく映らないように編集してあるのがわかるって書いてあった。キツイ。わかってたけどキツイ。やっぱりそうじゃん、思ってた悪い方に行ってしまった。

 

 

トラジャがバックに付くってちゃかちゃんがクリエで教えてくれた(「お米の美味しい所に行くかもよ♪」=ツアースタートはクリエ直後の新潟)あの時からずっとわくわくしてて「横尾さんとどっち見よう???」目が足りないなーって喜んでて、実際ツアー中は目が足りなくて困ってたし美勇人くんに関してはもう仙台でラストを醸し出してたから完走してくれてありがとうって気持ちでセンチメンタルにはなってたけど…もうこうなってくると仙台まで黙っててくれて感じさせないようにしてくれてありがとうというべきなのかな。最後まで現場は楽しませてくれてありがとう、なのかな。

 

 

 

今新しい人の担当をしていて、それがすごく幸せで楽しくて(インフルとか盲腸は現在進行形で心配だけど)コンサートの時はまだ自担じゃなかったし少ししか見てなかった分、映像で沢山確認できる!って楽しみにしてて…。

普段、元々の自担のことはいい思い出になりかけてる部分もあってちょっとづつ消化できてるなって思った矢先にまた谷底に落とされてしまった気分。

 

 

勝手に落ち込んでれば???、悩んでももうどうしようもないよ?、いなくなった人は映さないってわかってたじゃん。何を今さら??・・・その通りなんです。わかってる。

 



でも・・・現実をこう何度も何度も突きつけられるのは本当に辛い。

これで最後かなぁ。もう何か残ってるものはないよね…?

 

 


あんなに楽しかったあの夏が、冬が訪れてドカ雪で全て埋もれてしまった。回りの好きなものまで巻き込んで雪崩を起こしてしまった。



ヲタクってこんなにしんどかったっけか。

 

ハッピーニューイヤー

明けましておめでとうございます。



読みづらいブログであくまで自己満足の為の場所なのですが自分の記録の為に今年もコツコツ更新していけたらなと思います。どうぞ宜しくお願いします。


 

年始は意外と緩やかに?ハピアイ見に行ってきました。前評判とかWS見てて期待しかしてなかったけど本当に期待値を超えるものがありました。1幕は相変わらずとんちきストーリーに拍車がかかってるけど今まで間延びさせていた内容がギュギュっと詰まってて過去の舞台を見た人なら「ふふっ、そう来たか」と笑える様なよいおさまり具合になっている気がします。なんていうの?5倍速で見てる感じ?ストーリーの矛盾点は「あ、早すぎて見逃したかな?」って思って処理するかな。


 

2幕はね…圧巻です。先輩が一人入るだけなのにこの締まり具合。。確かにレッスンでは名立たる振付師さん達のもと練習に励んでいたと思いますが本番のステージ0番に先輩がいる、いない演目でも2幕をヒガシさんが預かっているといっても過言ではないステージでみんながピリッとした空気の中歌い踊るって最近の舞台ではなかった気がする。私がJr.を好きになってからしか帝劇のこの手の舞台は見てないけどやっぱり一番面白いと思ったしいくらでも見ていられるなと思いました。本気でぶつかってるものって見ててすがすがしいし楽しいのが伝わってきます。

 


ハピアイは今の所2階席でしかみていないのですが、上からだと舞台の奥まで見えるのでまずは「自担を探せ」ゲームに勝利することが出来ます。本当にびっくりするぐらいめまぐるしく動くのと、1曲でもずっと出ずっぱりではなく出たり入ったりを繰り返すので目で追い続けることは絶対に不可能です。でも、じゃあ何回も入って確認したいと言っても今回チケットが相当ブレミア化していて(ちょっと探すとバカみたいな値段で売りつけられるのでなんか取り締まれないのかねこれ、って感じ)そう気軽には見られるものではないのが残念ですね。

しかも!今回は全員に歌割があるので予め調べていかないと自担の歌を聞き逃すという…辛い。何とか映像化してほしい…。

 

 

年始から暗い話になって申し訳ないのですが、やっぱり前回のジャニアイ以来の帝劇だし何せ1幕は今までの内容をなぞるものなのでどうしたって旧自担の亡霊が顔をのぞかせてきます。ネタバレになりますが5人で夢ハリ踊るときもバックの映像が一緒だったり、5Star(☆の観覧車)を回す時に今までは外側しずかじだったのが今回はのえしずだなーとか。Let's Go To TOKYOは大階段下りてくる時に思わず上手のあらみゅ(今回はどこにいるかわからないけど)を探して「ああ、いないから絡まないのか」と思ってしまうとか、アクロバット隊の赤Tシャツ軍団見ると去年は土台と盛り上げ頑張ってたなーとか…もう沢山影は現れます。その度にちょっとだけ「うっ」となるのは変わらない。これはでもしょうがない…。

 

今回は、部分部分では胸がギュッとなるけど全体があまりにも忙しいのですぐ気持ち切り替えられるんだけども。本当は松松いて7人だったら頭の中でいない部分の補完をしなくて済んだのかなとも思う。

 



でも、ちゃんと前に進めているので今は本当に閑也くんがいてくれてうれしい。見てるのが楽しいしオープニングで見つけると泣きそうになる。オープニングのJr.マンションにいる人たちはみんなもちろん華やかでかっこいいんだけど、やっぱり自分が好きな人しか見えないんだよね。

 

今回2幕はヒガシさんのダンス選抜部隊があるんだけど、トラジャからは閑也くんだけが入らなくて最初にレポ見たときに「なんで???」って思ったけど実際に見てみたらダンスがうまい云々の話ではなくて(もちろんそれが大前提だけど)ダンスや曲にあったその人の持つ雰囲気・体型・髪色をそろえたりまとまりを大事にした結果の選抜なんだなってすごくしっくりきたので選抜選抜に入らなかったからといって悲しむ必要はないんだなって思いました。そりゃ姿やダンスを見られるチャンスが減ったって意味では悲しいけど。

だって、言ってしまうとなんで美勇人くんがどこにも入らないの??ってまずそこでしょ。トラビスにも直接見初められてる人がダンス選抜組にいないはずがない。うまく踊れるだけじゃ入れないのは何かしら理由があるからに決まってる。それがダメなポイントでもなんでもないんだから。個性ダダ漏れの人が選ばれることもあればそうじゃない時もある。なんにでも染まる人がいい時もあればそうじゃない時もある。

  



逆に、あの団体の中で手を抜いてる人の方が問題かなーって思う。。後ろにいても結構目立ってるからね。好きだなーって思ってた人が後ろに行ってゆるゆると踊ってるのを見てしまった時に100年の恋も一気に冷めたよ(大げさ)

  



ハピアイの細かいシーンなどはまた別途書き残したいと思いますが、まずは新春のご挨拶がてらざっくり感想でした。

 


今日から舞祭組のツアーも始まったようなのでこちらも楽しみです!

 

 


私の2017年ニュース 第4位〜第1位


 はい、というわけで(自ら編集点を作るタイプ)ここからはいささか区切りの悪い4位からの発表です。

 


4位 自担①がスキャンダルに巻き込まれる

 

何が起きたかはお察し頂きまして、何度かこのブログでも書きましたがもうそっとしといてやれよ…って思いましたよ。別にはやりのゲスなんとかじゃないんだからいつまでも騒ぎ立てることじゃないじゃん…自ら原因を作っているのはNGだけど今までのこと穿り返したり他のメンバーに飛び火させたりとか普段の態度にまで話が及ぶとそんなに嫌いならファンやめればいいのに、って思うだけの話で。

いやいや、そんなに簡単に割り切れないんだよね。うんうん知ってる。眠くて泣いてる赤ちゃんと一緒の心境だよね(???)。泣いてないで寝りゃいいじゃん、って思うんだけど違うんだよね?

私は何があろうとほとぼりが冷めてくれればなんでもいいんですが自分が好きなものを徹底的に回りから叩かれたことでかなりメンタルやられました。好きなものを大声で好きって言えないのって辛すぎる。自担が好きなことでコンサートに行って肩身の狭い思いをするなんて初めてだった。上半期は辛すぎました。

 



3位 自担②が事務所からいなくなる

 

まず自担②ってなんだよって話だけど()好きで好きでどうしようもなくなって掛け持ちを決意したのに、その担当がまさかの離脱。いや、推測でしかないですよ?【たぶん】いなくなった。ほら、公には言ってくれないからね。

名前と顔を知ってからまだ1年経ってないんだよ???好きの絶頂期にいなくなられるって…リア恋だったら「フラれる」ことであきらめるしかないって思うけど「いなくなる」って自分の気持ちをどう持っていけばいいかさっぱりわからないんですよ。相手はただの1芸能人で向こうはこっちのこと1mmも知らないのに馬鹿なんじゃないのって自分でも思うけど、もうびっくりするほど辛すぎた。

今までも誰かがやめた、抜けた、とか色々見てきたしお友達の担当さんがいなくなったってことも過去にあったし私もその度に心を痛めてきたけど、想像をはるかに絶するというか、大げさじゃなくて心ごと全部内臓からひっこ抜かれた感じになりました。これは自分の担当さんがこんなことにならない限り感じられない辛さなんだ…。

何も手につかなくて泣くことも出来なくて(事実を突きつけられてからはずっと泣いてたけど)、でもそんな時に声をかけてくれたお友達や心配でメッセージくれた人のことは絶対に忘れない。お友達が同じ状況になった時ってそっとしておいた方がいいのかな?って思ってたけど、声かけてくれると堰を切ったように感情が戻ってきてこんなにありがたいのかって思ったから、人によるとは思うけど適切なタイミングで声をかけてあげられたらなぁと思います。

下半期も辛すぎました。

 

 

2位 念願のハイタッチ

 

今まで度々ハイタッチの機会はあったのですが大体平日だったり急には行かれない場所だったりで、泣く泣く諦めてきた割には泣く泣く後悔してきました。なので、今年初めのハイタッチ会に参加することが出来て本当に飛び上がらんばかりに嬉しかったしここでも皆様のありがたさに泣けました。奇跡しかなかった!

それでついこの前。自担と一度もハイタッチしたことがないというお友達と一緒に高崎まで行ってきました。私は夕方から別の用事があったので正直行く心算じゃなかったのですが、万が一近場だったらと思ってずっとスタンバってた末に発表されたのが昼12時だったので恐ろしく悩みましたよ。。

でもお友達に「せっかくスタンバってるなら行くしかないでしょ!」と背中を押されて一緒に旅立ちました。

無駄のない動きをした割には公開収録の券はもう配布終了してて、文字通りハイタッチの為だけに行った形になったけど横尾さんは破壊力満点のイケメン具合でクラクラさせられたのと他の3人もマッチョ効果?でお顔スリムの美男子さんになられてて相変わらず眩しい方たちでした。

お友達、嬉しくて泣いちゃってて私も嬉しかったな。


 

1位 Travis Japanの担当になる


これは文句なしの一位です。去年の今頃名前と顔をようやく覚えてきたって位でなんなら閑也くんを把握したのは1番最後でしたからね…まさかこんなにどっぷり沼に浸かるとは。


'16年12月 朝日くんに気づく

'17年1月 ようやくグループ全員の顔と名前が一致

ジャニアイの客席降り演出で朝日くんとハイタッチ、陥落

拡輝くんのダンスも好きなんだと気づく

3月 Jr.祭りで朝日くんの団扇を持つことを決意

4月 Jr.祭りで朝日団扇を持つ・担当になる

野球大会でうみんちゅに完全胸キュン

5月 クリエで初めて朝日くんのオリフォ購入(うみんちゅのも買った) キスマイのバックに付くと知り歓喜 旗振り如恵留くんに沸いた新潟、変わって美勇人くんに沸いた静岡

6月 朝日くんにウィンクされた名古屋

8月 切なくも熱すぎたEX  忘れられないオーラス仙台

9月 思い出したくないジャニアイ

10月 辛くて、でも楽しすぎたえび座(執事うみんちゅと犬のジャパン推し)

11月 運命のMADE湾岸見学(閑也)  湾岸で吉澤担に! しめちゃんの雨ソロに振付師閑也くんが合流で号泣 まさかの松松加入

12月 ちゃかちゃん舞台最高!見学メンバーと同じ回に入るの巻 祝地上波ドラマ出演



 こ、濃過ぎる…

一年を通してトラジャに会える現場があったことが好きを加速させる要因でもあったと思います。今年は他のJr.のユニットも沢山現場あったからどのグループを好きになってたとしても加速してたんだろうなぁ。だからこそ黒髪オールバックの朝日くんに一目惚れしたことは大きかったと思う。それでグループごと丸っと好きになって閑也くんにも出会えたのだから。




朝日くんについて振り返ることが出来ないまま2017年が終わろうとしてるけどいつかはちゃんと振り返りたい。既に細かい記憶が薄れてきてて、でも思い出そうとするとまだ辛くてってループにはまってるけど思い出は大事な思い出だから残しておきたい。




あと1週間しないうちにトラジャに会えるし、あと1カ月しないうちに横尾さんにも会える。来年は幸せな年でありますように。


私の2017年ニュース 第10位〜第5位

今年も後数日で終わりですね。


今年は今までのヲタク生活の中で1番といってもいい位濃い1年でした。どうやって振り返ろうかなと考えていて、月別なのか人別なのかなんかざっくりなのか、いろいろ考えたのですが全部ひっくるめてランキング形式で振り返ることにしました。ジャンルもごっちゃにしますので読み手さんが万が一いらっしゃいましたらホントごめんなさい・・・。

 


さて、ランキング形式で「誰得?!私の2017年ニュース」をカウントダウンで。

 


10位 MADEと宇宙Sixを覚えた

9位 念願のシアタークリエに足を踏み入れる

8位 2度目の熊本スタジアム

7位 アカウント閉鎖

6位 でじちけの奇跡

5位 某バンドさん25周年記念

 


とりあえずここまでの総評を。

 

 

まさか、自分が担当を掛け持ちすることになるなんて去年は思いもしませんでした。阿部くんで揺らいだ時も横尾さんの担当をやめることができずに阿部担になることを諦めた位なので(掛け持ちということを考えていなかった)労力を2倍注ぐというのは精神的にも金銭的にも思い返せば結構きつかったです。ヲタ事だけではなく、今年は某バンドさんが25周年のアニバーサリーイヤーで盛大なお祝いライブがあり、去年1年間行きたくても行けなかったライブの鬱憤を晴らすためにこれでもか!というくらい足を運んだのでまぁ気力体力チケット運金銭面などよく持ったなぁと我ながら思いました。


 

地味に10位にしていますがMADEを覚えられたこと、4人が好きだなーって思う気持ちがすごく加速した年でもありました。傷心状態でえび座を見に行ったはずが最後はMADEMADEさんのおかげでだんだん癒されていったことは絶対に忘れたくない出来事です。まあ、一番癒されたのは犬のジャパンとビング・クロスビーですけどね!!!(自担かわいい病) あとは桃山でめめさんとやまりょくんのかわいさに気付けたことですかね!楽の2人の挨拶は担当じゃなくても悶絶するくらいのかわいさでやまりょくんの方が圧倒的にお兄ちゃんなのにめめくんに慰められてて…ううっかわいい(語彙力不足)

 


でじちけについては沢山チケツイしてしまってご不快に思われた方も多くいたかと思います。この場をお借りしてお詫び申し上げます。コンサートのバックにトラジャが付く、これからのうわさ…、などでどうしても今の今を見ておきたかったというのが理由で自分のエゴに過ぎないことは理解しています。

ただ、これがご縁でお友達になった方や感動を共に出来た方がその分沢山いらっしゃることも事実で、皆様の優しさに本当に感謝してもしきれません。お一方残らず皆様良い方でこちらが不安や不快に思ったことは一度もありませんでした。でじちけ故、入場するまで席は当然わからないので蓋を開けたらびっくりするようなお席だったこともあり(別記事参照)、もう本当に感無量とはこのことかと…。ありがた過ぎて何度も涙が出ました、っていうか度々号泣してました。

 


そんでもって大きかったのはまさか自担になった二人が2017年大炎上するっていうまさかの展開ね・・・(しろめ)

これで私のヲタク人生180度変わりました。アカウント閉める羽目になりました。言われもないことを言われて正直負けた気がして悔しいのも事実なのですが心の通じ合えない人は沢山いるので、せめて自分は人が不快に思うことはしないようにしようとだけ心に誓いながら閉めました。

 



というわけでここらへんも含めて4位以上は次の記事で。

「わっ!」

中居さん(するめさん)がコンサート会場に号外を持って乱入してきた2015920日のその日(ツアーオーラス)、私は悩みに悩んだ挙句別のコンサートのオーラスを選んで大阪に遠征していて事態を知るのが遅くなったって記憶が。…そもそも2つのジャンルの違うグループのライブオーラスがかぶること自体が奇跡過ぎてすごい印象に残ってる。だからちょっと悔んだりもしたっけなぁ。

 

 

…その日からなんと2年の月日が経ってたんですね!!!2年経ってたとしてもちゃんとアルバムが形になって世に放たれたことがうれしくて。立ち消えにならなくてよかった。

 


 

舞祭組の「わっ!」アルバム発売おめでとうございます。

 

 


アルバムが出せるってこと、するめさんがちゃんと最後まで見守ってくれてたってこと、レコード会社さんの愛がすばらしかったってことがもう震えるよね。もうさ、このアルバムが形になるまで本当にいろんなことがありすぎたわけですよ。舞祭組の活動自体もともと賛否両論の意見があって、やめればいいのにって意見もたくさん見てきて。。この活動ってある意味ニカちゃんの意地と根性と中居さんへの愛でできてると思うの。それを3人はわかってると思う。今日で舞祭組デビュー4周年なわけだけど4年前は後ろの4人としか認識されてなかったのに今はどうですか?舞祭組がなかったらどうなってたのかな?正直、舞祭組を通して4人が広く知られることになったってわけじゃないと思うけど、自信がついたとか、「ブサイク」って読むグループ名を逆手に取ってアピールできたとか、UTAGEやほかの歌番組で「あのグループ一体なんだ?」って思ってもらえたりしたこともあったんじゃないかと思う。

 

確かにアイドルでありキスマイなんだから泥臭いことやらなくてもいいじゃない、かっこよくいてほしいって思う気持ちも間違ってないしむしろそっちの方が正しいんだと思う()。たださ、プロデュースを中居さんに任せた時点でそうはいかないよね…。それを受け入れるか受け入れないかはもう価値観の問題。自担がかっこいいところしかみたくないって人はもうこの活動無視するしかないと思う。全部受け入れてひたすら楽しみにしている人、応援している人に水をささないでほしいなってずっと思ってた。

でもね。今アルバムが出たことでみんなが楽しんでる様子が伝わってくるんですよーーー。検索かけてもTL見てもみんなウキウキしててコンサートいける人は楽しみにしてて行けない人は悲しんでて。なんか、アルバムの形にできて本当によかったなぁって勝手に感慨深い気持ちになってる。

 

なにより、中居さんリスペクトのニカちゃんがこのグループを愛してることは今回の特典映像見てもひしひしと伝わってきて「ニカちゃんよかったね」って泣けてくるんだよ・・・。ちょっとネタバレになりますが3人に対して長いメッセージをなんども送ったって暴露されて照れてたけど本当に愛の重い子だぜまったく。

 

 


曲とかMVとかドキュメントの感想はまた別に書くと思いますが横尾さんが本当にかっこいい。これは声を大にして言いたい。申し訳ないけど、横尾さんが髪を切るまでは(清潔感のある髪型にするまでは)応援の熱量が下がるだろうなって思ってて実際そうだったんですよ。みんなに言われたから逆に切らないって根性がもう嫌で()。意地張る期間が長すぎ。でもさ、MVで体鍛えたりマグロさばいたり子供と触れ合ったりしてるの見て、あと10変化なにさせても全部似合うの見てさすが私の好きな横尾さんだなって改めて思ったわけです。

 

キスマイの時に見せない表情を見せてくれるっていうところが舞祭組のいいところなんじゃないかなーって思って。基本泥臭いし変なことやらせるからそんな表情いらん!って思われるのかもしれないけど()。横尾さんは素が一番輝いてる人だからさ…。

 

 


今からアルバムの曲聞き倒します。今週は歌番組にも出るし年が明けたらコンサートだし、あのMV見てたら楽しみしかないよね!!!アルバム仕上げてくれて本当にありがとうございました。




うれしいなあ。。。。しみじみ。

 

広告を非表示にする

何者は曲者

トンボの顕嵐くんを見損ねたのが未だに悔やまれる事案で、気になりつつも「あー行けなかった…」で終わってしまう舞台ってなんだかんだ後で引き摺ってしまうんですよね。なので気になったものは無理しない程度になるべく見に行こうと思った次第です。まぁ、トンボの顕嵐くんは無理しなきゃ見られなかったんで結局あきらめたのかもしれませんが。


さて、いずれも顕嵐担さんからお譲り頂いた2回分のチケット。まもなく迎える千秋楽を前に「何者」を観劇して色々と深く考えさせられました。感想というか自分用のメモを残します。


【お席】
初回は1F中列。お譲り頂いた方には入場時まで席を確認しませんでしたが全体が良く見えて舞台を堪能できるお席でした。舞台終わってから後方席にらぶのメンバー勢ぞろいしてたって聞いてびっくりしたけど。誰も騒いでなかったし。
2回目は仲良しのフォロワーさんのフォロワーさんで、私も度々お会いしている横尾担兼顕嵐担さんからお譲り頂き。こちらは事前にチケットを受け取っていたので事前に分かっていたのだけどまさかのB列…何度息が止まりかけたか…。席着いても2人で落ち着かずどうしようの連発。。


【ストーリー】
5人の就活生が中心のストーリー。就職活動中にそれぞれが自分の中に抱えてる闇だったり恨み妬み嫉みなどぐるぐる渦巻いてる思惑を顔には出さず表面上は仲良く取り繕ってるけど最後は現代の産物(SNS・PC・スマホなど)によって化けの皮が剥がれるって話?(雑)
私も遠い昔に一応就職活動がっつりやった身なので誰の気持ちもすごく感情移入出来たし、ぐさぐさ刺さる部分もあって心臓が締め付けられる思いがありました。拓人(顕嵐くん)みたいに俯瞰で見て人のことを分析して冷静ぶってみたり、理香(加恋ちゃん)みたいに積極的にOG訪問や名刺作ったりボランティア・海外留学しててアピール出来るものがある人や隆良(ながつ)みたいに就活に縛られたくないって思ってる人のことを羨んでみたり、光太郎(鈴木勝大さん)はちょっと私とはタイプ違うなーとか、瑞月(宮崎香蓮さん)みたいに家族や環境によって就職先を狭めざるを得ない人も見てきたし、就活あるあるみたいなのが詰まってた気がする。私はかなりマイペースに活動してたので周りの人がどういう業界受けてどうやって自己分析して、とかはあまり首突っ込んで確認したりしなかったなー…とか急に思い出したりして。

私の時代にSNSとかスマホとか普及してなくて本当によかったよ…情報過多すぎるのはつらい。PCと電話だけで戦ったもん。しかもガラケーPHSの番号は就活先の企業にお伝えするものではなく採用の場合は自宅に電話掛かってきてたから非通知の場合はめちゃくちゃドキドキしたっけ(光太郎みたいに)。

就活だけじゃなくてSNSの使い方も、裏アカの存在だったり(これは共感しにくいけど)、絶対にポジティブなことしか書かなかったりとか同じ場所にいるのに別々につぶやいたりとか分かりやすい闇の部分も上手くストーリーにのって伝わっていたなーと。


【顕嵐くん】
正直拓人の闇をあんなに表現できると思わなかった。初回に見てあっけにとられてしまったんだけど2回目間近で見たら迫力がすごすぎてこの人あの顕嵐ちゃん???じゃにーず???って何回も考えた。2回目に見た時、初回ではみられなかった涙と鼻水ダーダーが脳裏に焼き付いてるって言うか焦げ付いてるっていうか…最後に壊れるシーンで踊り狂ってぶっ壊れたあと最初の面接のシーンに戻るんだけど涙も鼻水も出たままなのにちゃんと表情で「シーンが変わりました」って区切りつけてて、みごと。あっぱれでした。アドリブにも対応出来てセリフも聞き易くてここまでやれる人だったんだなってすごく惚れ直しました。なんか、主役もいいけど息の長い名脇役になりそうな予感。

【ながつ】
ながつも外部の舞台初めてとは思えない程絶好調、というか隆良の役にビジュアル共々ハマりすぎ!7分のチノパン途中でバカにされてるけど(笑)お似合いすぎてあの衣装選んだ人に金一封送りたい。舞台よりもしかしたらドラマの方が似合うのかもしれないからもうちょっと見てみたい。インテリの雰囲気すごく良く出てる。あのセリフの量をよく覚えられたなーと思って。あと頭めちゃくちゃ小さい(舞台の感想じゃない)。いつものキャラのながつとのギャップが恐ろしすぎてこの子もふり幅すごいのかもな…。

【その他の俳優陣】
光太郎役の鈴木勝大さん、職場の後輩に似てるなーって思って最初気になる存在だったのにいつしか演技に惹かれまして。一番どこにでもいそうで裏表の少ない役だから自然体の演技なんだろうけどどこか重みがあって、元カノとの電話のシーンの表情がほんのり照れっぽい表情するしですごく好きな役者さんになりました。美山加恋ちゃんは子役の頃しか知らないけど、最後に涙ぼたぼた落として顕嵐くんと言い争うシーンが強くてかっこよかった。瑞月役の香蓮ちゃん(この方もかれんちゃんなのね!)、声がアニメ声ですごく好きな声なのと衣装のチョイスがものすごく好きです。マスタード色のロングカーディガン欲しい。
サワ先輩って途中で出てくるHG×バニーちゃんみたいな衣装きてる人でしょ???あれいる?←おい


正直顕嵐くんがここまでやると思わなくて見直したしまさかの至近距離で拝めてビジュアルの良さに泡吹いたのもあって一瞬顕嵐担になる覚悟決めたよね(単純)。この舞台はすごい。演者さんの気迫がすごい。見た後マラソン走ったみたいな体力の消費するよ。久々いいお芝居みたよ。
今から就活の人これ見ない方がよいかな、って思ったけど今からそんなこと言っても遅いねー(笑)


顕嵐くんとながつは伸びしろある子なんですよ!これからも演技見守りたいよね。いいお芝居ありがとうございました。

広告を非表示にする