読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

KISS MY NAGASAKI 1日目

【1日目】


特急に乗るべく長崎空港ではなく福岡着→博多へ移動。


飛行機を予約した時点ではまだ電車のスケジュールが出てなかった為、キスマイエクスプレスに乗れたら乗ろうということにしていたが結局予定は合わず白いかもめ(特急)に乗ることに。(ちなみに博多→長崎への特急は事前にネット予約するとお安く行けますよ。)


まぁこの電車が揺れる揺れる(笑)。私は乗り物に比較的強い方で全然大丈夫でしたが酔いやすい人はちょっと2時間乗ってるのはきついかも。窓側に座ると窓枠にあるテーブルに私のいかり肩がガンガンぶつかってしまい大笑いしてました(箸が転がっても可笑しい年頃…はとうに過ぎましたよっと)。白いかもめの座席は黒い革張りシートでちょっとリッチな気分が味わえます。行きの飛行機も黒を基調にした機内だったので「なんだか今日はゴージャスな気分だね」とか何とか言って気持ちだけはラグジュアリーに行きたい小市民です。

*この革張りシートですが、着てるものの素材によってはおしりがずるんずるん滑るので安眠希望の方はご注意ください。



JR博多駅中央改札を入ってすぐ左にでっかい7人のパネルがあります。というか改札入って正面にずらっとパンフレットが並んでいる棚がありその横のモニターではCMが流れています。

f:id:wonderfulyokoo:20161130225632j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130225718j:plain

右から左から、上の階から降車してくる人が続々と下りてきますので邪魔にならない様に切れ目を見計らって写真を撮った方がいいです…。絶対後で「ヲタク邪魔」って後ろ指指されてますから。



長崎につくと下りたホームにいきなり7人それぞれのソロ看板がお出迎え。

f:id:wonderfulyokoo:20161130225834j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130225944j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130230024j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130230244j:plain


私が行ったときは下りたホーム向かい側にタイミングよくキスマイライナーが入ってきてポスターも写真に収めたいし電車も撮りたいしでてんやわんや。

一般の乗客の方のお邪魔にならないよう配慮をし(写真に他の人の顔が写り込まない様にするとか)人の切れ間から写真を撮るようにしたりしました。

ライナーはあくまで普通電車ですので中に乗ってる人が外からカメラ向けられるのを見ててなんだか申し訳なくなってしまい…。電車の中のポスターまでは写真に収められませんでした。

f:id:wonderfulyokoo:20161130230314j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130230426j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161202081200j:plain


ひとしきり長崎駅の風景写真を撮った後まずは観光案内所に立ち寄り、車内では販売していない路面電車の一日券を購入、さらに¥200で宿泊先のホテルまで荷物を送ってくれるサービスがあるので利用しました。

「あんなことも出来るの?!こんなこともしてくれるの!?」ってはしゃぐガイドブック出の観光案内所担2名(新規)。同担拒否しませんので是非使ってみてください。


身軽になった私たちはお腹が空いていたのでそのまま市内にある千ちゃんCMスポットの「銅八銭」さんにお邪魔。私達甘いもの苦手シスターズはおススメのミルクセーキは頂かずに普通にランチをするという(笑)。そして宮田シートも千賀シートも横目でチラ見しながらお店を後にしました。なぜなら店内満員御礼だったんですよ!ヲタクっぽい人たちは皆無で普通の観光客の方や地元の方ばかりでした。

f:id:wonderfulyokoo:20161130230615j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130230635j:plain


その後は観光スポットをうろうろしつつ寄り道しつつ横尾さんが以前わったー写真館に載せてくれた「ボウリング日本発祥の地」の碑も見て(完全に見過ごす程さりげない所にあります)大満足。

f:id:wonderfulyokoo:20161130231501j:plain



夜は皿うどんとちゃんぽんを急いで食べて夜の稲佐山へ。晴れ女×2人なのに雨降ってましたけどね、土砂降りではなかったし霧も出てなかったので夜景を堪能できました。ただ風が強かったのでハウステンボスのおたまちゃんみたく隣で傘がおちょこになったまま歩いてる某同行者がいて見てて面白かったです(何故か他人事)。

f:id:wonderfulyokoo:20161201223818j:plain

f:id:wonderfulyokoo:20161130230747j:plain



なんで急いで行って帰ってきたかというと…そう!テレビが見たかった!←ここまで来てもTVにかじりつく

山からの帰り道、ちらちらTLを確認しながら「まだ出ない!」「まだ大丈夫!」を繰り返し励まし合い(?)無事にホテル到着。急いでお風呂入って上がったら放送が始まったので時間を無駄にせず楽しめました。


その後*2(仮名)ちゃんと合流し一緒にTV鑑賞。お互い自担の出ない回だったので気楽にあーだこーだいいながら酒飲みつつ見てその日は終了。


*2ちゃん(仮名)=前の記事でも書きましたが今回の旅をご一緒させてもらったヲタ友さん。旅費を抑えた為別部屋に宿泊。



ヲタ友さんと一緒に旅してて楽しいのはTVやラジオの放送時間を気にする必要がないこと。時間だから宿に戻ろうとかリア友さんなら言いづらいですよね。遠征関係なく普通の旅行をヲタ友さんとしたことがなかったのですが、見たい番組がある日でもそわそわすることなく、とても楽しかったです(笑)。

いや、別に録画してきてるからあとで見たって全然いいんですけどね…。こっちの方が楽しいし。でも一緒にTV見られるのも楽しかった。


2日目に続きます。


広告を非表示にする