読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

祭りのあと

全滅して途方に暮れていた私にも神様女神様がチャンスを下さって、有難いことに2公演入らせて頂いたお祭り。
(お譲り頂いた方本当にありがとうございました!ありがた過ぎてお中元お送りしたい所存でございます)


横尾さんは私の中で揺るぎない存在、ピラミッド頂点なのですがここの所Jr.熱が冷めなくて次から次へと沼に片足ひっかけては両足すくわれない様に自分を律している状態です(単なる金銭的な問題)が祭りって言われちゃ当然わっしょいするよね。何をわっしょいするかっていうとタガが外れただけだけどね!メモ取ってるわけじゃないから細かいこととか曲名とかいちいち覚えてないんだけど、私の一押しさん達、注目株、大好きな人達の様子をご紹介しながら振り返りたいと思います。なお、2公演入りましたが記憶はごっちゃでぇす。


☆Snow Man阿部亮平くん
今回、2公演とも私の席からSnowManの立ち位置、阿部くんの可動範囲から遠くてですね…もう本当に見えない!外周回ってこっち来てくれる回数も少ないから全然見てない!ひどい!!ばか!でも、遠目で見ても分かる位やはりファンサマシーンでして本当に丁寧に対応してて見てるこっちが感動する。私は今回席を全く気にしていなかったので「どうせそんなに見えないだろう」と思って、ただ買った団扇を握りしめて終わったんだけどやっぱり折角の現場、推しのことはちゃんと目に見える形で応援すべきだった。大失敗。
今回新しい衣装をお披露目してくれて6人とも白ベースにキラキラっていうかシルバーギラギラ、パーカーハーフパンツ等それぞれに合ったスタイリングしてくれてて阿部くんはスタイルの良さアピール?でショート丈のジャケットにパンツがギラギラスキニ―なんだよね。もう脚長っ!みゅーとくんにはかなわないけど脚長っ。今回Gravityのカバーしたんだけど阿部くんがセンターになるところとか歌割もあって大絶叫(心の中で)。本家超えてきたんじゃない???(小声)って位6人のパフォーマンスが完璧だった。進化し続けてる。


☆Snow Man岩本照くん
ひかるくんは何度か私の席位置に来てくれたのでありがたく拝ませてもらったんだけど基本的に今回ずっとニコニコ下がり眉で「がわいいいいい」って心の中で号泣してた。ただ立ちすくんでるのかな?って思った時もよく観察していると手だけは小っちゃく振ってたり目線を一生懸命ファンの子と合わそうとしてたり口パクで何かを伝えてたりと細かいファンサ王子なんだよね!あれ、自分にもらったってはっきりわかった人は相当嬉しいだろうなぁ。あんなにたくさん色んな事してると思わなかった。
今回一番うれしかったのは横アリ最高峰(という名のスタンド最後列)で野鳥の会していた私にエア双眼鏡返してくれたこと。これ、後から来た阿部くんもやってくれて二人とも視野広いし本当に「上の方見えてるよ~!」って嘘じゃないんだなって思った。


Travis Japan梶山朝日くん
ジャニアイきっかけで坂道を転げ落ちるように好きになってしまい、もうやめられないとまらないかっぱえ○せん状態。阿部くんは私の対角線上にいることが多かったのですが今回の席がトラジャの立ち位置付近だったので沢山拝めました。誰かと積極的に絡みに行くことは少なくて、お兄ちゃんたちに絡まれたり一人でシャカリキ踊ってたりして周りの爆笑を買ってました。センターステージで各グループ集合しながら披露されたSixTONESの「BE CRAZY」、朝日君はトラジャのメンバーとバックで立膝しながら見てたはずがいつの間にか一人踊りだしてしまいだんだん激しくなって完全に梶山オンステージ状態(笑)。ただのバックダンサーじゃないか。
山手線では誰よりも車掌さんの衣装が似合うシャカリキダンサー。ぐるっと横アリ見渡しても朝日君の団扇持ってる人見当たらなくて、でも一生懸命丁寧にファンサし続ける姿に感動してしまったので次の現場は絶対朝日団扇持って入りたい。本当に応援したい。決めた。
今回、トラジャの団扇も買いました。はっぴ山さん似合いすぎてだな。


Travis Japan中村海人くん
突然気になる存在になりました。お名前覚えたのも今年に入ってからだし「うみんちゅ」くんって名前だけは聞いたことあったけど顔も姿も分からなかったのに。くりくりしたお目目にまずぐっと惹かれたのと、おふざけが過ぎるところが愛おしすぎて飼いたいと思った←真面目に言うんじゃない。外周に来てもファンサしてるのかふざけてんのか全くわからなくて推せる。でも、いざ踊ったらトラジャのメンバーだけあってめっちゃくちゃスマートに、でも情熱垂れ流しながら踊ってて圧倒されて惚れてしまったというのが正直な感想。簡単にいうと「ダンスうめェェ!」なんです。


Love-Tune
元々大好きなグループですが、人数増えてからすごくパワーアップしたグループになったと勝手に思ってる。今回、横アリでCALLやった時の会場のテンションの上がり具合が半端じゃなくてぞわっとした。1曲の中で楽器演奏して踊って歌って盛り上げてって全部詰め込まれててやってる側は大変だと思うけど横アリクラスなら容易に盛り上げられるよあれ。安井君ともろの煽りが完璧。普段カッコいいのに今回MUCHU-DE 恋してるのカバーやった時の会場の揺れ具合にも分かるように可愛いのも対応出来てこのグループ強いなってはっきり思った。ぬるっとデビューしたとしても勝手にファンが付いてきそう。今回、顕嵐くんの団扇が断トツ多くて(私調べ)そりゃ人気もあるよなーって。私は激しく萩ちゃん推しですが。萩ちゃん、初日にベレー帽かぶってたのに最終日になかったから悲しかった。


☆Prince
Prince Princess大好き芸人としてはあの紫の衣装がとっても世界観に合ってたし3人とも似合っててよかったー!サビの振りもばっちり覚えました。岸くん、って言っちゃあなんなんだけど男の子顔なのであの衣装とかプリンスプリンセスの世界観が似合わないんじゃないかなっていつも思ってたんだよね。でもさすがキラキラのアイドルは違う。きっちり寄せてくるんだねー。
岩橋くんが初日の自己紹介で「月刊ジャイ○ンツ発売日なので買ってくださーい」ってプリンススマイルでぶっこんできたのが最高だった。好感度高い(笑)。そもそも岩橋くんは野球大会から好感度爆上げなんだよね。ふわっとしてて女の子みたいなのに根っからの野球少年だとか普段も飄々としてるとことか見た目と違い過ぎて気になってしょうがない。


☆谷村龍一くん
突然出てきた谷村(笑)。すっかり存在を忘れてたのに(コラっ)たまたま初日の立ち位置が私の席の前で、立ち止まった時にある種の居心地の悪さを覚えた。いうならば「私、なんか席間違ったかな?」って思わず席番見直すあの感じ?←伝わらない
根っからの視線泥棒なのはわかってて覚悟はしてたけど想像をはるかに超えてきたよね。常に視界に入るあの感じ?
でもJr.紹介の時の谷村(初日のみだったらしい)の歓声が横アリ揺らすレベルだったのを考えるとみんな谷村のこと大好きなんだよね。ファンサも丁寧だしちびジュへの対応もすっかりお兄ちゃんだしもちろんダンスもハイレベル。谷村には幸せになって欲しい(誰だよお前)。


今回横アリに入ってみて、それぞれのユニットがパワーアップしてるなとは思ったのですが一番目を見張ったのがLove-Tuneで、華々しく仰々しくデビュー謳わなくてもヲタ以外にもちゃんと受け入れられる素質があると思ったしそれぞれちゃんと役割が決まっててうまく回せているような気がしました。3人が新たに加わってから1年位になると思うけど、最初は4人が安定してたから3人入らなくていいんじゃないの?と思ったり勝手にしてましたが(担当でもないのにすみません)魅力が倍増したのは間違いなく、イケメン枠・面白担当・MCがいる・バンド組める・仲良し、と売れる要素しかないなーと。こりゃデビューしたら売れるんだろうなぁとかプロデューサー気取りで帰ってきました。


軽率に現場に行くと誰に落ちるかわからないので自分に責任が持てないのですが、よりトラジャが好きになって今回の祭りの幕が下りました。


広告を非表示にする