読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

じゃにーず島へいざ参らん!

ジャニアイ、行ってきました。



初見なのでレポらしいレポは書けませんが第一印象の感想は書き残しておきたいと思います。

いや、相変わらずトンチキステージでよかったわ(褒めてます)。あれだけ美少年をここに揃えてるのに日本中からよく美少年いなくならないなーと思ってみてましたけど何の話やねん。

 

文章に纏められないので箇条書きスタイルでいこうかな。…勝手にしろって感じですかね。

 


【お席】

記録に残す上で、私の視点がどこからのものなのかは一応書いておきたい。今回、生まれて初めて劇場枠が当たりました。ちゃんと存在するんだ!って思いました()。私、住所書き間違えてたみたいでチケットが届く前に郵便屋さんから連絡入りましたよ…。すごく感じのいい配達員の方で「少々宛先間違っても、大体届きます。郵便だけですよ、探して届けられるのは」ってドヤ顔されました()。ありがたいですほんますいません。ありがたがりながらチケットより5周り位デカい封筒開けたらびっくりするようなお席で。2度見しました。阿部くん絡む時ってチケ運すごくいいんですよ…。阿部くんのおかげですありがたやありがたや。最上手のお席でしたがビビる位ド前方でした。

 


【阿部くん】

阿部くん見たくて行ってるのに、出てきた瞬間に「わー!!!阿部くんがいたーーー!!」ってなるのやめたい。マンションの立ち位置は調べて行ったので最初と入れ替わった後もばっちり拝めました。阿部くんだけロックオンしているとわかりづらいですが、阿部くんは踊ってる時「ニコニコ」じゃ済まないんですよ。他の人がどんなに真顔でくいしばって踊ってても「カパー!!!」「ニカ―っ!!」って笑ってるんです。これに「しゃららら~ん」とか「キラキラ~ン」って金粉振りまいてるみたいな。擬音語おかしいかもしれませんがそんな感じなんですよ(伝われ)。いや、ちゃんとシーンに合わせてますけどね。シリアスなシーンでそれはしませんさすがに。ただみんながキメてる時も彼は全力で笑ってます。あ。わかった。これがアイドルスマイルってやつか!←とんだ茶番 

あと、多分相当ハードなんでしょうね、少年たちの頃から比べてかなりやせてます。岩本ジムに通ってちょっと筋肉つけて欲しい。

見どころとしてはガヤソロの腰つきね。一人ぐねんぐねん回してます。ああ、そんなに回しては世のおなご達が黙っておりませんぞ。ていうかよくあんなに回るねー。超目立つ。私はすごい拝んでましたが他の人からみたら「わー阿部くんの腰ぎこちないーwww」ってなってたらしいので私のセンスがどうかしてるんですね多分。

全体としてですが、阿部くんバック転とかダンスとか、すごくレベルアップしてる気がするんだけどこれも私のどうかしてるセンスがそう見えてるんでしょうか。まえは他の5人に引けを取ってたっていうのが見てとれたんだけど(それでも他の5人のレベルが天井知らずなだけで阿部くんが他のグループに入ったらすごい上手な部類なんだと思うけど)、今じゃそんなことないもんね。え?ただのモンペだって?

 


【玉ヶ谷】

普段TVでは7人でいるとこしか見ないし、生のお姿が拝める唯一の場所であるコンサートでは横尾さん中心に見ているのでたまにしか見ないから(言い方)そんなに感じなかったんですが、舞台の真ん中に立った時のオーラがはっきり見えました。あれ?こんなにオーラ発する人達だったっけか。たまちゃんのドリボは毎年見てるけどそこともちょっと違う。ガヤさんに至ってはじゃにーずの舞台で見るのは初めて。なんか貫禄がぜんっっっんぜん違いました。いつの間にか大御所の先輩みたいになってたのね。でも2人ともセリフかみかみだったから気を付けて。

ガヤちゃん髪型デビュー当時みたいだったなー。たまちゃんは間近で見たらまっしろだった。たまちゃん髪短いのもあると思うけどここ最近で一番男前に見えるよ。凛々しい。陶器の様。いや、服着てるダビデ像みたい。

 


anvil

横尾担にはお馴染みのanvilですが、まさか阿部くんもanvilをお召しになってるとは…阿部担さんでおぱんつのレポしてくれてる方がいるんだけどメーカーまでは聞いたことなかったのね。自分の目で偶然確かめてみたら(前方のくせに双眼鏡使った)目に飛び込んできたんだよね、後ろのanvilのタグが。まさかと思いましたよ。もう私anvil担になるしかないのかな。

 


【しょりくんとしょーくん】

舞台始まる前に報道があった通り、実のご家族のことをストーリーに盛り込まれるというシーン。やっぱり見ててつらいものがありました。

何気ないセリフの1つであればさほど響かなかったけど、知ってしまった以上何だかかわいそうな気持ちになってみてしまいました。入れるのは勝手だけどそれは明かさないで欲しかったな。

 


Snow Man

みんな満身創痍で頑張ってるんだなーと思いました。難易度高い技を求められすぎてて限界超えてるのでは?舞台始まる前から怪我で出番があまりないさっくん、腕を多く使う場面で肘に黒いサポーターを巻くひかるくん、どんどん痩せていく阿部くん(笑)…他の3人もけがなく頑張ってほしい。今回、上手が見切れ過ぎてた上にステージど真ん中が前の人の頭がかぶって全然見えないという視野が狭すぎるお席だったから阿部くん以外が何してたのか見づらかった…一番良く見えたのはひかるくんでした。

 


【気になる子たち】

ちっこい子たち+B少年たちは置いといて、他のグループは大体のお顔と名前が一致してたんだけど唯一勉強中なのがとらじゃさん達。その中で一際私の目を引いたのが黒髪リーゼントの男の子…少クラで見ててそんな子いたっけか??と思ったら梶山くんというらしい。あとで聞いたらまだ高校生だって???えー!大人っぽいしカッコいい。やっぱり黒髪に目が行ってしまう仕様になっているのね私ったら。

後はいわちくんの手の振りがとても丁寧できれいで気になりました。あとまばゆいにょえるくんね。

Kingさん達はこの夏何度か見たけどスターになる素質が備わってきたなーと思います。細かい動きとか、視線の向け方、姿勢とか気の使い方とか…すのすととらじゃはこれらのことが出来ているんだけど、じゃあKingさん達は何がちがうのかな、って思ったらKingさん達の方がオーラ放ってるんだよね。こなれてない所も良い。だったらデビューできるかっていうとそれは運とか、誰が選ぶかっていう視点の違いもあると思うから一概には言えないと思うけど。

 


Special Guest:光一くん】

10年位前に見たSHOCK以来の生光一くんでした。この日は記者さんとかお偉いさんが来てる日だったそうで、トークも心なしか大人しめ?ただまだやってない3幕のネタバレしてKingちゃんたちを慌てさせる場面も(笑)。話術はやはり一品ですね。

 


【初日の総評】

(ジャニワ+少年たち)×トンチキスパイス大盛り=ジャニアイ

去年のジャニワにも増してストーリーが追いづらい(笑)。追わないって決めてるけどツラい。意味不明の極み。それがこの舞台の世界なんでいいんですけどね。宇宙に行っておいて「地球に帰りたい」とかさ…突然オリンピック始まってぴちぴち体操着着せられてたりとかさ…玉ヶ谷のいざこざとかさ…内Pのお父さんとかさ…考えちゃだめだな…Don't think. Feel!てやつだな。

 

キラキラしている阿部くんを見ていると幸せな気持ちになって、ああ、私は横尾さんからこうやって離れていくのね…って思うんだけど家帰って横尾さん見るとまた思い出しちゃうからやっかいだよね。二兎を追うものは一兎も得ずだよね(意味不)。でも、一歩一歩確実に阿部くんへの好きが増した2016年でした。…おっと振り返りはまた今度な!

 

次回のジャニアイレポはもっとちゃんと書けるといいな…