読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

10,000字のふたりめ。

10,000字インタビュー。第二号は千賀さんでしたね。

 

自分が読む前にネタバレにならない程度に薄目を開けて千賀担さんの反応を伺っていたのですがみんな感動したり「よかった」って言ってて内容的には穏やかなのかなと思っていました。しかしですよ。私の反応は千賀担さんとはかけ離れたものでした。ぶっこんだ内容ではないものの、ちょっと心配要素がちらほら。。他の担当からの目線なので気を悪くされるといけないなとは思いますが、率直な感想を書きたいと思います。


最初、初見でさっと目を通した感想は末っ子感満載だな~って。もっと土足で踏み込んでしまうとまだお子様なのかなと思ってしまった第一印象。

 

 

これだけ見てネガティブ意見だなって思った方はこの先読まないでください。結構辛辣に書きます。

 

 


とはいえ2度目、3度目と読んだ感想は180度とまでは言わないまでも150度位変わりました。千ちゃんはキスマイで一番ファンのことを考えてる人。もっというと千賀担のことを一番に考えてる優しい人。
彼の土台の中では千賀担の為+ダンスが武器=常にかっこよくなくてはならないという図式が常にあってここが柱になってる気がする。


一番気になってたことがインタビューの冒頭に出てきててやっぱりそこは説明することを避けて通れないのかなと。
舞祭組としての活動に一人だけ「やだ」って言ってたんだね。正直棚ぼたのころは顔と名前が一致してなかったからどんな表情でどんなパフォーマンスしてたか私はその纏う空気を感じられることはなかったんだけどやっぱり「かっこよくありたいのになんでこんなことを…」って思ってたんだろうね。。それは容易に想像できる。インタビューの中では考え方を変えてグループ全体のことを考えるようにした、反省した、スノドコンで沢山の歓声をもらって感動した、折り合いをつけたとあったけど、時系列でいうとてぃーてれの発表があった時、千ちゃん正直まだ迷いの中にいたよね???「新曲だ~!」って歌詞にとまどいつつ単純に喜ぶ3人とは対照的に「なんだこの歌詞…まだ舞祭組続くのか?」って多分思ったと思う。完全に表情と態度に出てたのは当時のキスブサ見ながら私呟いた記憶あります。この時はホント心配したもん。
でもさ、本人も言ってたけど今まで「後ろの4人」とだけ言われて特に目立ちもしなかった(大人の戦略だったかもしれないけど)4人が「いやだ」って理由で舞祭組を受け入れなかったら今どうなってたんだろうか。グループに何か還元できるものが形に残せたのかな?「カッコいい俺」だけを大事にして、目の前に転がってきた泥だらけになるかもしれないけどまたとないビッグチャンスをみすみす逃す?それでファンは喜ぶのかな?もしかしたら千賀担さんたちはそれでもよかったのかもしれない、カッコよくあって欲しいと思うのはきっと今でも変わらないだろうから。
でもアイドル、タレントである以上、露出や知名度って大事だと思うの。何かきっかけがないと世の中には出られない。一瞬泥沼に浸かったかもしれないけど、今自分がどうなったか客観的に見てますか?って聞きたい。名古屋で帯の準レギュラーもらって綺麗な衣装着せてもらってめっちゃアイドル出来てませんか?「千賀くん千賀くん」って大事にしてもらってますよね?
なんで改めてこんなことをいうかと、『折り合いをつけた』と言ってますけど、実はまだ吹っ切れてないでしょ?出来たらもう舞祭組やめたいと思ってませんか?千賀さんにとって舞祭組は大事な修行の場じゃないのかな。中居さんにも見抜かれてるよね?
UTAGEのほぼ最終回で「千賀、正直ピアノうまくないもんな」って言われた後のムッとした表情。「そんなことないですよ」って笑いながら返すのが精いっぱい。本人も気にしてるナカイの窓での一連の出来事。「千賀、何にもできてないよな」って。その言葉に意味はないだろうけど、返しを期待されてるはず。「やっべー!」ではないんだよ!落ち込んでないで!返しの瞬発力見られてるんだよ!!

 

ニカちゃんにバラエティーでのサブMCを譲る羽目になった経緯も触れてるけど自分の希望のポジション取られて悔しかったんだよね?譲るとかキャラがどうのじゃなくて自分も出来る様になろうとは思わないのかな。(ここのメンバー、みんな自分の立ち位置考えすぎちゃってて自分たちの良さ殺してないかなって思ったりするんだよね…。)
千ちゃんはもっと中居さんの元で泥臭く揉まれた方がいいよ。もう二皮位剥ける余力あると思うんだけど。千賀さんには有り余る魅力がまだまだ詰まってて、自分で荷造りしたダンボールのガムテープ剥がさないとその魅力は詰められたままになってしまう。

 

5年後のビジョンがないっていうのもなんか残念だった。目の前のことで精いっぱいって言ってたけど、目標は高く掲げて欲しい。自分はどうなりたいのか、みんなにも宣言してよ。目標なんて途中で変わったっていいんだから。

 

全てをぶっちゃけてる様でまだ腹の中に塊を抱えてるのが見受けられるインタビューだったと思います。でもすごく素直だよね。素直って言葉がこんなに似合う人いない。
すごく透き通ってるピュアな人だと思う。だから迷いの中にいてもすぐ見つけられる。もっと泥臭くなれと思う私はドSなのかもしれないけど、正直言って千ちゃんまだ発展途上だよ。沢山の可能性と実力を備えてるから思い込みだけに縛られないで色んなことをやってみて欲しい。

 

 

そういう意味で彼は自分のことに精一杯のお子様なのかなって表面だけ読んで思ってしまったんだよね。。でもお子様じゃない、迷いの中にいる20代前半の等身大の男性だった。折り合いをつけたって言葉が本心ならば私の心配は杞憂に終わるだけだけど…。

(そういえば吹っ切れたって言い方してないね、『折り合いをつけた』って、まだもがいてる最中なんだねきっと。)

 


才能の塊の千賀さんから目が離せません。強く、かっこよく、かわいく、時には泥臭いことも厭わない、一皮剥けた千賀さんになることを願っています。