読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

たった一本で夢が膨らむドライヤー

うら若き女子が同棲中?旅行中?お泊りにきた?男性に美容師さながらお風呂上りドライヤーで髪を乾かしてもらう…何と夢のある時間なんでしょう。


私が最初に実写化された映像を見たのは大倉くんの映画クローバーでした。武井ちゃんが大倉くんに髪を乾かしてもらっている…う、うらやま!!ビジュアル最高(涙)。

 


でもね、現実問題として私彼氏とか親しい男性にでも髪の毛触られるの嫌なんですよ。徐々に白髪も気にしたいお年頃だし(おい)髪質ごわごわしてるし万が一触って引っ掛かりでもしたらなんか空気重くなるじゃないですか。そりゃ一応シャンプーはサロン用使って美容院は2ヶ月弱に一度通ってますし毎回たっかいお金払ってトリートメントもプラスしてますよ。おかげで美容師さんから髪質変わったって喜ばれてますけども???
でもやだ。
あとそのくすぐったい空気に耐えられない。どんなに好きな人でも「ほっといて!自分でやるから!」とかいうタイプ。

 

でも、妄想するのは勝手ということで私が絶世の美女で黒髪セミロング、前髪ぱっつんが似合うエキゾチックな顔立ちだったと仮定して(なぜ)「キスマイメンバーの誰にドライヤーで髪を乾かしてもらいたいか」を妄想したいと思います。キスマイくくりじゃないやつも面白いからやりたいけどそれは二番煎じだし(十分二番煎じ)私の個人的な妄想発表の場とさせてください。

 

 


7位 ガヤさん

なぜだとお思いでしょう。私も疑問です。あのね、空気がダメ。優しくされるとぐったりしちゃう。ガヤさんはきっと終始お姫様として扱ってくれる。「ここ座って?」ってソファーの下に座らせられてとってもゆっくり時間を掛けながらエアリーに仕上げてくれる。乾かしてる間もきっとたくさんおしゃべりしてくれる。「○○はさ~なんとか好きだよね?」「今度○○はあそこいきたいっていってたじゃん」とかいいながら(例:キスぶさ)まあまあの女子トークを繰り広げてくれる。終わったら頭にちゅっとしてくれるくらいは完璧だけど私には不向き。申し訳ない。

 

6位 千ちゃん

ガヤさんに近いものがあります。なのでこの位置です。彼は女の子を優しく扱ってくれますが同時にそんな自分が大好きなので途中で悦に浸り始めるでしょう。「いいからじっとしてて。」って囁くように言う。ちょっとぞわっとします(ごめんなさい)。でも髪の仕上げはやはり完璧。美の追求は怠らない。結果も求める。温風冷風器用に使い分けます。でもガヤさんと違うのはちょっとドジッ子末っ子が見え隠れして「あれ?タオルどこ行った??」「あ、延長コード忘れた」とかで途中でばたばたいなくなりかねません。じっとしてて、は君の方だ。くすっとできるところでせんちゃんが6位。
そろそろ乾かし終えるかな?というところで急に「こっち向いて?」と言われ上を見上げると千ちゃんのお顔が目の前に迫ってくる、そう、キス。←
「したくなっちゃった」っててへぺろされたら文句の言いようもございません。

 

5位 玉ちゃん

ぜったい緊張する。あんな美男子に髪なんて触られた日には失禁マター発生だよごめんなさい。でもきっとそつなくこなすんだよね。この人もさらっと温風冷風使い分ける。「熱かったら言ってね」って声掛けも忘れない。しかしながら決定的に残念なのが途中で「もう飽きちゃった」って言って急にスイッチ切られること。「え~!まだ頭の中冷たいんだけど!」って言ってももう集中力切れちゃってるので「ん」って生返事しつつ携帯いじりだしちゃう。おいおいおいかわいいから許そう。自分で最後まで乾かすわしょうがない。

 

4位 みっくん

自分は歯磨きしながら「乾かしてやろうか、髪」って言ってドライヤー持ってきてくれる。歯ブラシくわえながら乾かし始めてくれるんだけど途中で「おられが…(よだれが)」と言いながら洗面所に駆け込むから一時中断。再開した時はまじめに乾かしてて8割方乾いてきたら急に後ろからヘッドロックされて「???」声も出せないままギブギブってみっくんの腕をたたく。「もう~」って言いながら顔見るとニヤッと笑ってて突然そのままソファーに押し倒されます(たいです)。

 

3位 ニカちゃん

ソファーに座って、ドライヤー持ってスタンバイして「ねえ、髪乾かしてくれない?」って甘えても「ぜってえヤダ」ってまず1ぶんむくれ。んでニカちゃんはTV見ちゃう。「ねえ?ダメ?」って聞いても「やんないよ、なんで俺がやんの?」って2ぶんむくれ。あきらめてソファーから立とうとしたら手首つかまれて「わーーーかったよ、やりゃあいいんでしょ?」って急に折れるんだ。わーめんどくせーーーでも好きーーー。最初は乱暴な手つきでわしゃわしゃ!って頭ばさばさされて「ちょっと乱暴だよー」って注意するんだけど「うっせ」って中学生みたいな反応するのね。でも仕上がりは完璧。つやつや。なんならドライヤーだけなのにちょっとクルンとしてる。そして途中からあの大きな手で頭触られてすっごい安心感なの。終わったらスイッチ切ってその場にドライヤーほったらかしてまたTV見そうなのが残念。

 

2位 みやっち

この人にも「ねえ、乾かしてくれる?髪」っておねだりしようかな。たぶん「え?どしたの?いいよ」ってほぼほぼ二つ返事で笑顔で答えてくれる。でもまぁぶきっちょさんだから突然頭熱すぎて「ちょっとドライヤー近いよ!熱い!」って文句言っちゃいそう。すぐ謝って離してくれるけどまた同じことしそうだよね。たまに美容院でそういうアシスタントさんいるけども。距離感つかめないのね。なんか恐々乾かしてくれそう。ごめんね、文句言っちゃって。テクニックなんてなくてもいいからそのやり取りが心地よくて、そしてみやっちのことだから「女の子の頭」って思って触ってくれていそうで気持ち的にうれしい。
私にはみやっちがいい。


1位 横尾さん

こういうランキングで横尾さんが一位になるのは私の中ではレアケースです。
横尾さんの場合、「乾かしてくれる?」って催促できるパターンと「乾かそっか?」って言ってくれるパターンどちらも考えられる。今回は乾かそっかバージョンでお送りします。
仕事から帰ってあまりにも疲れて風呂上りダイニングの椅子にぼーっと座ってたら「風邪ひくよ?俺乾かそっか?」って声かけてくれる。お言葉に甘えて乾かしてもらってたらダイニングの椅子では後ろに立つ横尾さんの身長が高いのでちょっとやりづらそう。「ごめん、申し訳ないけどやりづらいからソファー行ってくれる?」って促されてソファーの下に座る。横尾さんはソファーに座って大きな手で無造作にわしゃわしゃやるんだけどその振動が心地よくて寝そうになるよ。出来上がりが完璧とは言えないけど仕上がったら「ほら、疲れてるんだからこのままベッド行っちゃいなよ」って言うんだけど「まだ歯も磨いてないし…」ってしばらくソファーで寝てしまう。気づいたら毛布かかってて「よこおさーーーーんん(涙)」ってなりたい(願望)。起きたのに気づいたら手を引っ張って起こしてくれて洗面所に押し込まれて歯を磨こう。できれば一緒に横で磨いてくれ。

 

 

いやー楽しいね!!!夢が膨らむね!!
気分害した担当の方いたら申し訳ないです。
あくまで私の妄想なので・・・