読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

祝☆レギュラー

改めまして「ペットの王国 ワンだランド」レギュラー入りおめでとうございます。

http://www.oricon.co.jp/news/2060028/full/
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150930-00000029-the_tv-ent

ニュースを伝える文面…
レギュラー入りしてなくてたった2回番組に出ただけ。

なのに愛に溢れてて、好かれて抜擢されたのが良く伝わってきます。


「犬飼ってます」
「ペット介護士の資格持ってます」
が番組に出させてもらえるきっかけだったかもしれない。
でもレギュラーをつかんだのはロケでの頑張り。
スタジオでのトークやリアクション。

そもそも、番組に売り込み?したのは横尾さんファンの子だったって。
(コンサートのトーク中に本人の口から説明あり)

それって全部自分の力で勝ち取ったお仕事だよね。

横尾さんってさ、本業以外で
「これが出来ます」
「こんなことに強いです」
「やれます」「やります」
の数が尋常じゃなく多いよね?(笑)

しかもどれもTV映えするものばかり。

自分のレギュラー番組で得意の料理を披露する機会がある。
ゲストに自分の手料理を食べてもらって「おいしい」ってリアクションしてもらえる。

船酔いしないので他のメンバーが続々ダウンする中一人カメラ独占。

絶叫マシーンに乗って笑顔満開。

震える位の虫嫌いなのにロケでは体張れる。

みんながビビってるスカイダイビングは楽しんじゃう。メンバー全員がビビった映像じゃ確かに画面にバリエーションないもの。

アイススケートカーリング姿が美しい。これは本業あってのものかな?

実は芸術的な絵が書ける。

俳句を詠める(笑)。


結構たくさん出てくるよ?


バラエティーって、正直じゃにーずなら見栄え重視で誰でもいいって。
制作側は思ってるところあると思うんですよ。

でも一時のゲストではなくて、横尾さんの場合何度も呼んでもらえる。
プレバトにしろDXにしろ、ペットにしろ…

それには大きな意味がありますよね。


前までの横尾さんだったら後ろに下がってしまう様なところも、今は舞祭組効果で怖いものなし。一人でTV出たらちゃんと結果を出す。

もしツアだって、ただ付いていくだけじゃなくてちゃんと出るべきところは出て行くんだよ。
これは前から思ってたけど、バラエティー慣れてるみっくんもそう。一言コメントしたりリアクションしたりする間がとてもうまいなって思う。「ここで何か一言」って作られた流れで入っていくんじゃなくてスッとコメントできる。


本業で結果が見出せていない気もするけど(笑)
少なくともコンサート中に気を抜く回数が極端に減っただけでも私は嬉しかった。

ちゃんと見てる人がいるよ、って意識大事だよ。

横尾さんの頑張り、みんなが見てるよ。


応援しています。
レギュラー本当におめでとうございます。
自分のことのように嬉しさを噛みしめてる幸せな毎日。

広告を非表示にする