読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE diary

日常のファンタジーへと

名場面を振り返る(師匠編)

UTAGE勝手に名場面集師匠編です。

そもそもなんで師匠って呼ばれたんだっけ。
もう番組始まって最初の方で中居さんに「俺より歌が下手」と言われて「師匠」って付いたと思ったんだけど。
途中で表記が「師匠(横尾渉)」ってなってるからね。

【「元気と勇気と自信しかない」】

最初から使ってる名言。ちょいちょい出てくるワードでした。
そう言ってる割には言いながらぶるぶる震えてたり涙目になってたりしてて最初の頃はこれが出てくると逆にダメなんだろうなって思ってました(笑)。

【横フェス】

これ、どっかのホール借りてとっととやればよかったんだよ。
かなりのアミューズメントパーク風味でお届け出来たよ。
これに関してはガヤさんに感謝しかない。キャラ的にそんなこと自分発信じゃやらないガヤさんが横尾さんのオファー一つで引き受けるなんて。
しかも、横尾さんのかわいい所とか魅力を全部わかったうえでのプロデュース(セルフプロデュース?)だからね。
中居さんの次に感謝したい。感謝状送りたいから連絡先教えて(事務所にどうぞ)。

①カラオケ→なぜ2人でカラオケBOXにきた設定なのかいまだに不明だけども。
単に「俺のワタかわいいからみんな見て」のフェスだったような気がする。
でもリハからしてひっくり返るほどかわいかったからやっぱりまんまと藤ヶ谷マジックに載せられたんだと思う。
白い雲のようにはもう曲貰っていいんじゃないかな←

②8てんさん→まあ人の名前覚えられないんだか適当なんだかわからないけど「8.さん」は結局いくつかわからないからやめよう。
8.6秒バズーカさんの完コピwithガヤさん。予告の時点でまさかだったよね。
イニシャル出てるのにちょっと疑ったよ。あそこまで2人で振り切ってくれると清々しいよね。
2人とも恥ずかしがり屋だから、中途半端に終わるかと思ったんだけどすごかった。あっぱれ。

③ダンソン→8.さんの時に振り切ったと思ったらまだ上があった…。
全身豹柄の衣装でも似合ってたのが衝撃すぎて失神するかと思った。
「ニーブラ!」の笑顔は完全プライスレス。今までみた笑顔の中で断トツかわいかった。

【事故タイム】

いつだって事故タイムだけども(ゲホゲホ
「優しい雨」の時はホントに放送に耐えないものでしたね。土下座する位ならちゃんとやれば?この時は歌詞は大丈夫だったと思うけど、一番見てられなかった。これがあってこその今なのかもしれないけど。

番組の中盤位(去年辺り)まではかわいくない開き直りでよくなかった。
先輩や回りに迷惑かけちゃダメ。明らか努力不足を見せてはダメ。
これは少しは良くなったとはいえ今でも多少そんな所が見受けられてて。

そこが改善されるところも番組を通じて見たかったのに…。
プロ意識低いなとは思います。

他の番組でやらないことを願う。

何やらかしても蔑んだり本気でキれたりしないで、でも甘やかさずに見守っててくれる3人に感謝しかない。

【持ち物チェックと爆弾発言】

最近の話ですね。
私物の「あの」レディースもののブランドバッグの中をまさか見せて頂けるとは!
しかしながら中から出てくるものはこれまたレディースもののポーチやリップ。

女子か。
千ちゃんに続き女子か。

なんだろう、誰の影響なんだろう本当に。
男は黙ってメン○レータムのリップでも塗ってなさい。
ポーチじゃなくてジップロックにでも入れておけ。

このくだりの中で聞きたくない話を耳にしてしまうことになりました。
アイドルなんだからさ、ちゅー話とか聞きたくないの!
誘導尋問に引っ掛かりそうになって出てきた精一杯の言葉。

「Jr.の頃はちょいちょい」

一生忘れないからな!



【カレー】

今年のお誕生日にお兄さんからカレーのスパイス100種もらったって聞いて横尾さんのレシピを知るまではしねない!と思っていたのですがまさかこの番組でざっくりと知ることが出来るとは思いもよらず・・・。
カルダモン・ターメリックガラムマサラなどなど、その時は6種類って言ったかな。何を使うかは何となくわかった。

ん?歌番組じゃなかったっけこれ?



師匠に関しては番組でかわいがられすぎてて甘やかされちゃったんだと思う。
でもこのままのスタンスだと本業に支障が出ると思うよ。
手を抜かずにがむしゃらにやること、せめて歌詞や振りは頭に入れること、他の人に迷惑かけないこと。
番組が面白おかしくデフォルメしてくれてるけど、某先輩とかいらっとしてたと思うよ。

活躍の場が広がってるけど、本業でも素敵な所を見せてほしい。
この番組見てて最後までそう思いました。

でも、新たな魅力を引き出してくれたのは間違いなくこの番組だから終わってしまうのはホントにさびしいです。
いつかまた…。